おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

桂昌寺跡・地獄極楽で学ぶ仏教的世界観

【評価:3びーなす】  日本B級遺産として認定す

IMG_0992.jpg

桂昌寺跡・地獄極楽。名前からしておどろおどろしいこの施設、実は大分を代表する正統派の珍スポットなんです。珍なのに正統派っていうのも変なんだけど、他の場所に比べるとわりあい有名なのね。それに大分の珍スポットと言えば、天然・石仏・鎖。この3つの要素すべてを兼ね備えてるんだ

IMG_1114.jpg

地獄極楽は宇佐市安心院(あじむ)町にあります。中心部からは少し離れてるけど、国道500号線をまっすぐ走っていけば看板があるので迷うことはないでしょう。駐車場に車を停めて荷物のチェック。カメラOK・財布OKです。あと持っていくと便利なのは軍手かな

IMG_0996.jpg

坂を上がるとお堂があります。江戸時代には桂昌寺というお寺があったみたいですが今は無住職なんだって

IMG_0998_20120903143507.jpg

管理はしっかりされてるのでお堂内はきれいだよ

IMG_1008_20120903143507.jpg

市指定有形民俗文化財
桂昌寺(室町中期開基)は江戸の頃には無住荒廃となったが、江戸の天台僧午道法印(巍純)という傑僧が江戸後期の文政3年(1820)頃、大衆教導のために作った全国にも珍しい遺跡です
先ず閻魔の庁で閻魔大王から裁判を受け馬頭・牛頭に引きずられて地獄道(36メートル)へと進み、途中三途の川の脱衣婆や赤鬼青鬼のいる血の池地獄などが迷路の闇に浮かびでます。次に菩提坂を越えると極楽道(25メートル)となり、十三仏に救われて来迎弥陀(観音菩薩・勢至菩薩)の前に出ます。その横の竪穴(5メートル)を鎖伝いに登ると丘の上には阿弥陀如来を中心とした多くの菩薩が安置され極楽浄土となっています
宇佐市教育委員会


IMG_1003_20120903143507.jpg

案内図。拝観料100円を賽銭箱に入れて先へ進みます

IMG_1011.jpg

入口に到着しました。結構狭くて驚いたでしょ

IMG_1017_20120903143627.jpg

地獄極楽っていうのは洞窟内部に石像を安置し、死後の世界を表現した大衆教導なんだ。お化け屋敷と迷路、それに若干のアスレチックも体験できる複合アミューズメントです

IMG_1019_20120903143626.jpg

中へ入った瞬間、すっごい怖い人たちが待っていた。ガクガクブルブル
(※)岩窟内は薄暗いため明るめに写真を撮ってます

IMG_1037.jpg

もしかして閻魔大王ですか。どうやらここは閻魔の庁みたい。死んだところがスタートなんだね

IMG_1026.jpg

両脇には獄卒の牛頭羅刹・馬頭羅刹を従えてます

IMG_1028.jpg

人頭幢(人頭杖)。おいらは悪人・善人、さぁどっち

IMG_1041_20120903143626.jpg

判定の結果こっちみたい。やっぱりそうか

IMG_1048.jpg

とぼとぼ歩き赤鬼青鬼がいる血の池地獄までやってきました。足下には水たまりになってる血の池もあり、演出としては面白い

IMG_1050_20120903143707.jpg

平等王

IMG_1052.jpg

地獄道は薄暗く苔むしてます。鍾乳洞ではないから湿度も高くジメジメしているよ

IMG_1056.jpg

ギャー、なんですか。めちゃめちゃ不気味な石像が・・・。

IMG_1060.jpg

じいちゃんかと思ったら三途の川の奪衣婆だった

IMG_1063_20120903143706.jpg

その横には胎内くぐり入口があります。下はびちょびちょだし中は真っ暗。うーん。これは入る気にはならんなぁ

IMG_1065_20120903143737.jpg

地獄道もこれで終わりです

IMG_1066.jpg

次は極楽道

IMG_1068_20120906213952.jpg

狭い菩提坂を進みます

IMG_1071.jpg

釈迦如来

IMG_1072.jpg

弥勒菩薩

IMG_1075.jpg

他にもいくつかの菩薩像があったけど、極楽道の方はわりとあっさりしてました

IMG_1110.jpg

あっ、来迎弥陀が優しく待っている。矢印のところから出てきます

IMG_1079.jpg

では最後のお楽しみといきましょう

IMG_1080_20120906231525.jpg

極楽浄土へ通じるたて穴です(針の耳)

IMG_1089.jpg

ほぼ垂直でおのれの腕力頼りに5mほどのぼります。軍手をつけて登るんだけど、これがまぁきつい

DSCF1113.jpg

よいしょ、よいしょ。極楽へ行くにも結構大変なんだね

IMG_1095.jpg

明かりのさす極楽浄土にたどり着きました。絶景かな。苦労して登った分だけ、ここから眺める景色は格別だ。安心院の棚田も美しいなぁ

IMG_1102_20120907104350.jpg

まわりを見わたせば十数体の菩薩や如来像が安置されている。西方極楽浄土の教主である阿弥陀如来坐像もいます

DSCF1125.jpg

岩壁には「南無阿弥陀佛」の六文字が彫られてた。夏もいいけど木々が枯れた季節に来ると、もっと雰囲気あるのでおすすめですよ(これは冬の写真)

IMG_1093.jpg

今は軽い気持ちで拝観できるけど、江戸時代の人は結構ドキドキしながら地獄と極楽の世界観について学んだんだろうね。あと、極楽へは針の耳以外に階段ルートが整備されてるので大丈夫。体力に自信がない人でも楽しめます。別府の地獄めぐりとは違い、仏教の世界を体験できる安心院の地獄極楽。安心で楽しい大分の珍スポットへぜひ遊びに行って下さいな
(大分県:宇佐市安心院町東恵良 桂昌寺跡 地獄極楽)



【 関連記事 】
 修験者が彫った鶴の岩屋(唐津市)
 極楽温泉と地獄温泉(由布市と南阿蘇村)
 極楽バス停(霧島市)
 閻魔大王と奪衣婆がいる円龍寺の閻魔堂(中津市)
 胎内めぐりが出来る如意輪寺(小郡市)
 洞窟の中に奉納された獣の骨・白鹿権現(臼杵市)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

- らぼっち - 2012年09月08日 18:37:03

ここはどちらかのブログで読みましたね
でもいったことないです^^
大衆教導のための洞窟なんですね
一人ではよう入らんかも、ちょっとおドロしい♩
鎖を登れるかもちょい不安^m^
でも近くに行く機会があったら寄ってみたいと思います

- おにぎり太郎 - 2012年09月08日 23:12:18

■ らぼっちさん こんばんは

地獄極楽は面白いですよ。安心院でスッポンを食べた帰りに結構寄ったりするので今までに7・8回は行ってるかな。いろんな人を連れてったけど、みんな楽しんでくれました♪

鎖はちょっと危険だから安全な階段ルートがおすすめかも。だいぶ前なんだけど、階段ルートが通れなくて登った穴からまた鎖で降りたこともありました(笑)

- ゆったり人 - 2012年09月09日 22:23:01

これはすごいスポットですね...
確かにお連れになった方々喜ばれそうです...
うちのチビは怖くて入れないでしょう、きっと(笑)

- おにぎり太郎 - 2012年09月09日 22:43:33

■ ゆったり人さん こんばんは

実際はもう少し暗いので初めて行く人はちょっとびびるかも
子どもは泣くかも知れないけど、悪い事したらこうなるんだよっていいう道徳的な面から連れてったらいいかもです。極楽の如来像見ても面白くないだろうから、ご褒美はアイスクリームとかでいいんじゃないでしょうか。今の子はませてるから金くれって言われたらどうしよう(笑)

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。