おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

宮地嶽八幡神社の陶器製鳥居

【評価:3びーなす】  日本B級遺産として認定す

IMG_3877.jpg

長崎市にある宮地嶽八幡神社。神社自体はそう大きいものではないんだけど、珍しい鳥居があるということなので行ってきました

IMG_3865.jpg

二の鳥居(高さ3.5m 幅4.3m)が青いです。これはもしかして・・・

IMG_7378.jpg

やっぱりそうだ。有田の陶山神社でみた鳥居と同じです。ツルツルピカピカしていて美しい

IMG_3776.jpg

ちなみにこれが陶山神社の磁器製鳥居だよ。両方とも明治21年に奉納され、ほぼ同じ形をしています

IMG_3864.jpg

説明文を読むと有田の香蘭社制作によるものらしい。また陶器の鳥居は全国でも珍しく、この宮地嶽八幡神社を含め4ヶ所しかないんだって

宮地嶽八幡神社 登録有形重要文化財 陶器製鳥居
八幡町の陶器で出来た鳥居で有名な神社。寛永20年(1643)、天台宗の大覚院存性坊という修験僧が高麗町(今の八幡町)に大覚院を創建、正保3年(1646)に山城国から本社八幡宮を勧請して院内に祀ったのが起源。承応2年(1653)に社殿が創建されて以来、市民は八幡町の八幡(やーた)様として親しみ参拝者が多かった。元禄6年(1693)、二代良宝院存慶は寺号を白鳩山南岳院大覚寺と改め、宝永元年(1704)、黄檗宗に転向したため、単一の黄檗宗下の大覚寺となった。しかし、八幡神社は従来のまま境内に安置され、宝永5年(1708)に改修、正徳5年(1715)修繕、元文5年(1740)再建されている。明治維新の際、八幡神社と改称、住職は神官となった。明治11年(1878)福岡県宗像郡津屋崎の宮地嶽神社を勧請して以後、この名が通称されるようになったが、鳥居の額には「八幡」「宮地嶽」が併記してある。明治21年(1888)に白地に呉須染付の陶製の大鳥居が奉納された。
この鳥居は有田の香蘭社制作によるもので、陶器の鳥居は全国でも有田の陶山神社、佐賀の松原神社、愛知県の瀬戸神社に見るくらいで珍しい。昭和3年(1928)に初めて神幸式を行い御神輿を銭屋川の清水で清め遷宮祭を行った。祭神は応神天皇、神功皇后


IMG_3871.jpg

白磁に描かれた淡い唐草模様がきれいだね

登録有形文化財 宮地嶽八幡神社陶器製鳥居   登録年月日 平成9年7月15日
この鳥居は、明治21年に有田磁器窯による大型細工でつくられた鳥居である。親柱部分に残る銘によって製造人が岩尾久吉、角物細工人が金ケ江長作、丸物細工人峰熊一であることが判明する。有田に製作者が同一のものがひとつあるが、他に類例がない稀少な存在として、平成8年10月に新しく文化庁が導入した文化財登録制度により、県内で初めて登録された
長崎市教育委員会(平成10年3月設置)


miyachidaketemple.jpg

長崎の手彩色絵葉書

IMG_7375.jpg

あーそうだ。一応、陶器製鳥居って書かれてあるけど、どうみても磁器だよね。同じ人物が同じ年につくり、片方(陶山神社)は磁器製鳥居で宮地嶽八幡神社が陶器製鳥居。これっておかしくないかい。文化庁の文化遺産オンラインも含めどっちかに統一した方がいいと思うんだな。もちろん前者にだろうけど(笑)
(長崎県:長崎市八幡町8-6 宮地嶽八幡神社)



【 関連記事 】
 鳥居・狛犬・太鼓・絵馬。全てが陶器で出来てる陶山神社(有田町)
 大堂神社にある珍しい鋳銅製の大鳥居(佐賀市)
 めちゃめちゃ小さい粟嶋神社のミニ鳥居(宇土市)
 淡島神社にある安産祈願のミニ鳥居(雲仙市)
 桜島にある黒神埋没鳥居(鹿児島市)
 鳥居の二世帯住宅(長崎市)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

- うさ - 2012年04月12日 09:40:12

こんにちは♪
長崎にも焼き物で作られた鳥居があったのですね!
陶山神社の鳥居と似ていますね^^
こちらも淡い色合いの唐草模様が美しいですね。

- らぼっち - 2012年04月12日 21:22:29

有田の陶山神社だけじゃないんですね
陶器が割られもせず残ってるというのがすごいな
地域で大切にされてきた証拠だ^^
しかし鳥居の前の車はどうなんでしょう

- おにぎり太郎 - 2012年04月13日 00:06:49

■ うささん こんばんは

普段よく見る鳥居もいろんな種類があるんですね。白磁の鳥居は材質もそうだけど、なにより見た目がとっても美しい。気品すら感じます。もう少し鳥居ネタが続くかもしれないけど、よろしくお願いします♪

- おにぎり太郎 - 2012年04月13日 00:18:42

■ らぼっちさん こんばんは

陶山神社の鳥居はよくみると神額の上の方に修復した跡があります。あれは昭和31年の台風で破損し35年に修復したそうです。宮地嶽八幡神社の場合はほぼ完全体で残ってるのがいいですね。なによりあの戦争と原爆を経験し現存していることに驚きです

車はたしかにあれって思いました。神様の通り道に車が停まってるけどいいんんだろうかと。長崎は土地が狭いし狭い路地の中にある小さな神社だからしょうがないのかもしれませんね

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。