おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

円龍寺にある閻魔堂

【評価:3びーなす】  日本B級遺産として認定す

IMG_6455.jpg

1月16日は初閻魔の日(閻魔賽日)。1年に2回ある閻魔様の休日日です。地獄の釜の蓋も開いてのんびりしていることでしょう。せっかくなので今日は閻魔大王に関する面白いお寺を紹介したいと思います

IMG_6444_20120115132503.jpg

訪れたのは中津市寺町にある円龍寺というお寺です。このお寺は閻魔さんのお寺として広く親しまれています

IMG_2446.jpg

閻魔さんのお寺 岡谷山 円龍寺
当山は寛永年間に、小笠原長次公が播州龍野(7万石)から中津藩主として入国したとき、専譽上人を開山として開いた。阿弥陀如来を本尊にまつる。山門を入って左手に観音堂、閻魔堂があり、子安観世音菩薩、右手奥に閻魔様と葬頭、河婆(奪衣婆)が安置され、老若男女から恐れられ、親しまれ大衆を仏心へ導いてくださるという民族信仰が伝承されている。また、境内の墓地には小笠原、奥平家の家臣や水島銕也、南画の片山九畹の墓がある
中津市 中津の郷土史を語る会


IMG_2461.jpg

山門を入って左手に観音堂があります。中には子安観世音菩薩が安置されていて、小さいけれど凛としたお顔をしてました

IMG_6458.jpg

その隣には世にも恐ろしい閻魔堂があります

IMG_6449.jpg

閻魔大王と人頭杖、そして河婆(奪衣婆)

IMG_2459.jpg

円龍寺閻魔大王縁起
閻魔大王は印度の神話に登場する世界の統治者夜魔で、佛教にとり入られて地獄菩薩の化身として末世衆生を救うために出現され給うたのである。悪行は日日に募り善行は劣るを哀愍し衆生に善悪の宿業を浄頗梨の鏡に顕し知らしめて、「地獄の業火は自らが造る業(カルマ)によって燃える。恐るべし慎べしと」大王は内に慈悲を蔵し、外に勧善懲悪の相を現し、「汝仏法流布の世に生れ何ぞ修行せず従らに三途の帰り来るや」と戒め給うておられる
当山円龍寺の閻魔大王は、往昔下毛郡金谷の産中津藩士某氏が江府において旗本衆へ相勤め居るとき、家の娘を奪い帰る途中箱根山中でその娘を鬼女に喰れ途方に暮れ一夜をさゆの河原の一宇に求めた。そのお堂に安置する閻王を祈念するうちに懺悔の念頗りに起り終にその場を離れ難き故に大王の御頭を写し彫刻奉り背負い参りて大阪の大仏師に御胴躰を彫刻し給い、海路帰国し高瀬村に草庵を繕い安置奉るが儘我が宿業果報べき様なく、此時中津円龍寺第二代月単上人名僧なりし故帰依し、法名を改め光誉浄薫善士と下され念佛三昧の善門となり、其巳来、円龍寺に於て閻魔堂を願主となりて建立し大王を此地に移し奉る。昼夜を分たす執行の道心是也。増々念佛共に寄依の人々繁昌に及び候也


IMG_6448_20120115132618.jpg

睨みを利かせていて迫力十分です。この方の前でしたら、やってないことまで「私がやりました」って言ってしまいそう。閻魔様の隣にある2つの顔って閻魔大王が持つ杖(人頭杖)なんだね。知らんかった。今まで首だけ地蔵みたいなもんだと思ってたよ。なんでも赤い顔の方はすべての悪を見通し、白い顔の方は善を見通すと言われてるそうです。そして炎を吹けばアウトで白蓮華が出たらセーフなんだって。面白いなぁ

DSCF1796.jpg

ところで閻魔様と関羽将軍ってなんか似てないですか。中華街とかで見る関帝の顔は赤く、ひげ・洋服、どことなく風貌が似ている気がするんだけど

IMG_6445.jpg

話を戻して、こちらは閻魔様より怖い奪衣婆です。三途の川の番人とも言うべき鬼婆ですが、この人だけはどこ行っても恐い顔をしているなぁ

IMG_6446.jpg

髪の毛って人毛なんだろうね。下目がちで何を考えてるんだろう。口も大きく裂けてます

DSCF2254.jpg

以前とは配置が違うようですね。夜に見る閻魔様と奪衣婆は昼間の数倍迫力あるので、初めての人は明るい時に見ることをおすすめします

IMG_6453.jpg

閻魔堂の上には干支になってる瓦細工がありました。立体的でかっこいい。本堂の中には地獄極楽図(十王曼陀羅)もあるようなので、機会があれば見るといいよ

IMG_6462.jpg

死後の世界や地獄といった民間信仰。見えないからこそ想像し何かにすがります。だけど、現実の世界も負けないぐらいこわいです。見えすぎる恐怖ってやつですね。おいらのこわいものはね。えーっと、めちゃめちゃ甘いまんじゅうと日本銀行が発行している紙幣です(笑)
(大分県:中津市寺町991 浄土宗 岡谷山 円龍寺 閻魔堂) 



【 関連記事 】
 すぐ近く。円応寺にある河童の墓と水文瓦(中津市)
 すぐ近く。血痕が絶えない合元寺の赤い壁(中津市)
 地獄の一丁目。清水滝参道にある恐怖の門(南阿蘇村)
 羅漢寺にいる閻魔大王と奪衣婆(中津市)
 地獄温泉と極楽温泉(南阿蘇村・由布市)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

- うさ - 2012年01月17日 11:48:49

こんにちは♪
ちょっとドキっとする場所ですね・・・奪衣婆が特に;
そしてここの閻魔様を見ているとやってないことも私がやりましたと本当に言ってしまいそうです(笑)
そして閻魔様に休日があること初めて知りました。

- おにぎり太郎 - 2012年01月17日 19:28:37

■ うささん こんばんは

休息日は夏にもあります。閻魔様を祀ってるところは結構お祭りやるとこ多いですよ。地獄絵図の公開とかもやったりします。奪衣婆の汚れぐあいが一層怖いです
登別にある閻魔様。あれ面白いよね(笑)

- ゆったり人 - 2012年01月17日 22:48:27

奪衣婆...
確かに怖い雰囲気ですね(--;
でも閻魔様、なんでもスジのとおった判断で導かれそうな気がします。
今の政治にも必要かと...

- おにぎり太郎 - 2012年01月18日 23:33:47

■ ゆったり人さん こんばんは

奪衣婆はかなりびびります。この寂れ具合が何とも言えません。閻魔様も鋭気を養ってバリバリ働いてることでしょう。それにしても閻魔様って、各国でずいぶん感じが違うんですね

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。