おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

日本一大きい巨大な金仏壇と石灯籠

【評価:3びーなす】  日本B級遺産として認定す

IMG_0187_20110916045443.jpg

でかっ。今日紹介するのは八女伝統工芸館にある巨大な仏壇です。まばゆいばかりに光り輝いています。驚くことに高さは6.5メートル。もちろん日本一の大型金仏壇です

IMG_0190.jpg

右側に写ってるのが通常サイズ。普通の仏壇(17号~20号)の販売価格がが80万円から160万円だったのに対し、この巨大な仏壇は3,500万円です。しかもこの3,500万円というのは材料費だけ。実際に販売するとしたら、いったいいくらになるんでしょう

IMG_0191.jpg

江戸時代後期(文政4年)から始まったと伝えられる八女市の仏壇づくり。産地(旧福島町)の名前から八女福島仏壇と呼ばれています。漆塗りと金箔を施した荘厳華麗な仏壇が特徴で、細部までこだわって作ってるのがよくわかります。びゅーちふるです

IMG_0194_20110916045456.jpg

通商産業大臣指定伝統的工芸品 八女福島仏壇
この大型仏壇は、平成3年度地域特性形成事業として市の助成及び国、県の補助を受け伝統的工芸品の八女福島仏壇をはじめ、地域産業の活性化、人材確保、後継者育成に役立てる目的で製作したものです。その規模は
高さ6.5メートル 幅 3.8メートル 奥行 2.5メートル 重量 2トン 材料費 3,500万円
製作技術 八女福島仏壇仏具協同組合 日本一を誇る大型仏壇です  平成4年3月20日


IMG_0198_20110916045456.jpg

上部に描かれた絵もきれいだし宮殿もかっこいいね

IMG_0176_20110923020439.jpg

館内では職人さんが実際に欄間の彫刻などをしている姿を拝見することができます。ノミやカンナでここまで見事なものができるとは。職人さんってやっぱすごいなぁ

IMG_0211.jpg

八女竹細工の職人さん。細長い竹ひごを編み込んでカゴやザルを作るそうです

IMG_0160.jpg

竹編組見本を壁に飾ってあったんだけど、これってすごいと思いませんか。竹ひごを縦・横・斜め・渦巻きなどに編み込んでこのような模様ができるみたい。まるで万華鏡の世界だね。代表的なものだけでも120種類ぐらいあるそうです

IMG_0168.jpg

この竹編組見本の足下に2本の平行な線がありました。最初は気にもしてなかったんだけど、これにもちゃんと意味があるようです

IMG_0165.jpg

もともと国鉄の駅があった場所なんだね。なるほど

国鉄矢部線は、終戦直後の昭和20年12月に開通いたしました。しかし、産業・経済・文化の発展に大きく貢献した国鉄矢部線も、昭和60年3月31日で40年の歴史を閉じ廃線となりました。新たな地域産業経済の発展を願い国鉄矢部線筑後福島駅跡地に、八女伝統工芸館を建設しました。数多くの思い出を乗せて走り続けてきた矢部線を何らかの形で残しておきたいと願い八女伝統工芸館にレールを残しました


IMG_0179.jpg

他にも大相撲の九州場所で優勝力士に贈られる八女茶トロフィー(高さ138cm・重さ37kg)や八女矢とかも展示しています

IMG_0202_20110923020458.jpg

さらには日本最大級のジャンボ八女提灯(高さが4.5メートル・横幅3メートル・重量50キログラム)もあります。無料なのにこの施設充実していて面白いわぁ

IMG_0212.jpg

外に出ると、もう一つ日本一の物がありました

IMG_0142_20110916045444.jpg

人間が余裕でくぐることができるジャンボ石灯籠です

福岡県特産工芸品指定 八女石灯篭
八女石灯篭は、阿蘇火山帯の凝灰石を素材として生産され江戸初期から九州一円はじめ広く全国的に石碑、土木建築材などに愛用されてきました。製品は耐久性に富み、気温の変化に強く石苔を早く生ずる特質があり、その造形美は工作技術と相まって高く評価されています。この石灯篭は、八女の地場産業振興と地域活性化の方針に基き新製品開発事業として市及び県の助成並びに八女石灯篭組合の協力を得て完成したものです。その規模は
地上高 10.5メートル 原石重量108.8トン 脚周囲 20.8メートル
正に日本一の大型石灯籠であります
平成2年11月23日 財団法人 八女伝統工芸館


IMG_0173.jpg

とにかく大きかった

IMG_0151.jpg

八女和ごまで遊ぶこまの土俵もありました。仏壇・石灯籠・提灯といったでっかいものがあるかと思えば竹細工や折り紙・アートフラワーのような細かい作業を必要とする匠の技も見学することができます。ものづくりの奥深さと職人の技術力の高さにただただ感心。日本の伝統工芸品の良さを再認識できました。面白くてためになる所なので、行ったことがない人はぜひどうぞ
(福岡県:八女市本町2-123-2 八女伝統工芸館)



【 関連記事 】
 日本一の大破魔矢と日本一の大熊手がある大分縣護国神社(大分市)
 日本一大きな獅子頭がある難波八阪神社(大阪市)
 日本一長い105mの足湯(雲仙市)
 日本一長い駅名の南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(南阿蘇村)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

- らぼっち - 2011年10月08日 00:32:32

最近は巨大シリーズにはまっていますか^^
八女にこんな巨大な日本一が二つもあるとは
それも半端ないし^^;

竹網模様はアートですね、それも120種類以上ですか
いろんな編み方で巨大な絵を描いて欲しいな
なんて思って見ちゃいましたよ♪

- うさ - 2011年10月08日 17:45:04

こんにちは♪とても大きな仏壇に驚きです。
職人さんの技が光る仏壇、細部まですごく細かいですね^^
北海道でも仏壇を生産している地域があるのですが、最近は大変そうなお話を聞きました。(後継者がいないこともありますが、仏壇離れが進んでいるらしく・・・)
職人技はいつまでも受け継がれて欲しいと願いつつ・・・。

八女竹細工ステキですね^^
色々な編み方で色々な模様を描き出すってすごいです!
灯篭も大きくてびっくり、灯篭のしたを通るなんて考えたことないですもの

八女市のイメージはお茶なのですが、それ以外にも色々なすごい!が沢山ある場所なのですね^^

- おにぎり太郎 - 2011年10月08日 17:48:13

■ らぼっちさん こんばんは

いやぁ、別に巨大なものにはまってる訳じゃないんですが・・・。珍スポットってそんなに多くないから結局こういうところを書くしかないの

竹編みは面白かったですよ。きれいな模様を生み出しそれをまた再現するっていうのがすごいなぁ。竹かごもいい味があってほしかったけど、もし買っても何を入れたらいいか悩みそうだったら今回はパスしました。伝統工芸品って美術品になりがちだけど、もとは生活雑貨だから使ってあげるのが一番いいんだろうね

- おにぎり太郎 - 2011年10月08日 18:29:24

■ うささん こんばんは

とっても大きな仏壇でしょ。なんでも1年に1度すす払いをする時はちょっとしたイベントになるみたいです。仏壇一つ作るにしても何人もの職人さんの手が入ってるんでしょうね。金箔は最近の金の高騰で大変なんだって。

灯籠はすごかった。写真で見るよりはるかに大きかったです♪

- ゆったり人 - 2011年10月09日 20:29:25

こんばんは。
ここもまた知りませんでした。うちからけっこう近いエリアですね。
直接みたら迫力でしょうねぇ!!

- おにぎり太郎 - 2011年10月09日 21:06:15

■ ゆったり人さん こんばんは

八女はそんなに遠くないだろうからお子さん連れて行ってみてはいかがでしょう。情操教育を育みモノづくりの奥深さをきっと感じる事でしょう。まだ小さいからあんまり興味がないかな(笑)

コマで遊べるみたいなのでベイブレイド持っていくのもいいかもです♪

- ちゃっぴー - 2013年11月22日 10:24:05

はじめましてよく拝見させていただいてます。
八女伝統工芸館の住所ですが正しくは本町2−123-2となっております。

- おにぎり太郎 - 2014年01月04日 15:14:15

■ ちゃっぴーさん こんにちは

間違いを教えていだき感謝です。これからダッシュで訂正します♪

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。