おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

カメルーンと黄金鯛の盗難事件で有名になった鯛生金山

【評価:4びーなす】  世界B級遺産として認定す

IMG_0972_20110810164438.jpg

ぬおおおおお!昨日のサマージャンボ当たらなかったよ。やっぱ宝くじは買わないと当たらないんだなぁ

IMG_0187.jpg

宝くじがダメなら直接金を採掘しに行くか。ということで今回はB級ハンターとしてではなくゴールドハンターになりきり中津江村の鯛生金山に行ってきました

IMG_0005.jpg

中津江村は2002年日韓ワールドカップの時にカメルーン代表キャンプ地としてたびたびメディアにとりあげられた場所ですよ。覚えてますか。その時に受賞した流行語大賞、「Wカップ(中津江村)」が誇らしげに飾られてあります。今でもカメルーンとの交流は続いており、カメルーン弁当やカメルーンソフトクリームなんかを販売してるんだ

IMG_0027_20110810202636.jpg

おっと、そんなことはどうでもいい。今回の目的は金・金・金、金はどこだぁ

IMG_0029_20110810164330.jpg

ここは30分採り放題の砂金採取場です。でも、砂金って小さいんでしょ

IMG_0183.jpg

どうせなら、このくらい大きな金の延べ棒の方がいいなぁ

IMG_0040.jpg

どこに金鉱があるんだろう。地底探検(地底博物館)。もしかしてココかな。入鉱券(1,000円)を購入し、いざ地底へゆこう

IMG_0045.jpg

足取り軽くラッタッタ。鉱山入口に近づくにつれ、気温がどんどん下がっていきます。坑内からの冷気が外に漏れてきてるんだ

IMG_0050.jpg

ひんやりしていて気持ちいい。中の温度は年中14度前後らしいよ

IMG_0136.jpg

おぉ、ここか。なんだかショッカーの秘密基地みたいでかっこいいぞ。ん、詰所の所に誰かいる

IMG_0054.jpg

どうやら坑内見張所みたい。カメルーン国旗をもった陽気なおっさんが立っている(ハンス・ハンター氏)。「Bonjour (ボンジュール)」。返事がないなぁ。ちっ、無視かよ IMG_0061.jpg

こちらは煙草とお茶で一服です

IMG_0123_20110810164409.jpg

「ガガガガガ」。水平穿孔で削岩中

IMG_0128.jpg

「ドドドドド」。こちらは上向穿孔という方法で爆薬を詰める孔を掘ってます

IMG_0078.jpg

この2人はこれから立坑ケージを使って地下深くまで下りるようですね

IMG_0085.jpg

深さ510m(地下17階)ある第一堅坑。間違っても車の鍵だけは落とさないように気をつけながら覗きました

IMG_0118_20110810231451.jpg

砕いた岩を鉱車に積んでるところ

IMG_0112.jpg

それにしてもみなさん働き者

IMG_0100.jpg

鯛生恋唄の歌詞。休憩中は歌でも唄うのかな

IMG_0097.jpg

へへへ。いいもの見っけ。美味しそうなお酒を貯蔵しているなぁ

IMG_0094.jpg

危ない。ボーっとしていたらバッテリー機関庫にはねられそうになったよ

IMG_0086.jpg

大きなトラックもいることだし先を急ごうか

IMG_0114.jpg

落盤防止のための丸太組みですね。きっといろんな組み方があるんだろうなぁ

IMG_0172.jpg

切羽(採掘現場)より運び出された鉱石を砕き、金鉱石とズリ(鉱石の選りカス)に選別している砕女(かなめ)です(江戸時代の採鉱法)

IMG_0138.jpg

うーん。結局おいらには本物の金を見つけることはできなかったです。やっぱ簡単に手に入れることはできないんだね。帰ろっかな。まって、鯛生金山といえばアレがあるやんか。あいつの存在を忘れてた

IMG_0142.jpg

鯛生(たいお)の名前の由来となった鯛生石(本物は別の場所)。この金色の鯛なんだけど、以前は純金製の鯛を展示してました。ふるさと創生基金1億円を原資とし、結構話題になったことを記憶しています。だけどおいらの周りではあんまり評判はよろしくなかったなぁ。なんでこんなものに1億円もかけるんだよぉって(1992年当時は2匹で約73,000千円でした)

今から800年ほどの昔の事、この土地の豪族と肥後の豪族とで縁談がまとまりました。肥後の豪族は、婿に何か贈ろうと嫁と共に雌雄の生きた鯛を持ってきたそうです。しかし、この二匹の鯛がこの地に着いたとたん、石の上に向き合ってひっついてしまいました。それからその石は、鯛が生まれ変わった石として「鯛生石」と呼ばれ、この辺りを「鯛生」と言うようになりました  パンフレットより


IMG_0155.jpg

しかーし、昨日の金相場を見てびっくり。K24で4,370円/g。ということは雌雄あわせて50kgあるから、そろばんパチパチ。えーっと、しめて218,500千円也。すごい、価値が3倍近くなってるやんか。おみそれいたしました。先見の明があったんだ

IMG_0148_20110811005005.jpg

まっ、事はそう単純じゃないんだけどね。実は右の雄鯛30kgは2006年に盗難被害に遭ってます。というわけで現在は純金を模した黄金の鯛レプリカなんだ。ふと疑問、左側の雌鯛は今どこにいるんでしょう。レプリカと言いつつ裏をかいてまだここにあったりして。あぁ、あとね。映画卒業ばりに雄鯛はどこかに連れ去られてしまったけど、一応縁結びの黄金の鯛なんだ。あんまり縁が強くなさそうなんだけどなぁ(笑)

盗難事件!この純金張りのレプリカの由来
この左右2尾の鯛、左に雌鯛20kg・右に雄鯛30kgで何れもK24、純金鯛2尾がいましたが、2006年2月13日の未明右側位置の雄鯛が盗難に合いました。左の雌鯛も二次盗難の恐れがあり移転しました。その後、窃盗犯人は逮捕されましたが、黄金の鯛はすでに処置されていて帰っては来ませんでした。申し訳ございませんが、安心なよい社会になるまで、展示の鯛はレプリカとなりました。只、前に本物の展示品を見られた多くの方々が、本物の純金製とは気付かなかったそうです。
雌鯛:約70cm 雄鯛:約80cm


IMG_0159.jpg

隣にあった願かけ鯛

IMG_0164.jpg

最終的に坑内で見た本物の金はこの金箔だけ。なんてこった。こうして一獲千金の夢は見事に打ち砕かれ、力なくこの場を立ち去るのであった

IMG_0132_20110810164439.jpg

そんなかわいそうなおいらに、ちょっとした自然からのご褒美が。坑道入り口に戻るとなんとも不思議な光景がありました。まるで白いATフィールドのようです。苔の緑の間に浮かぶ白い霧、すごくいいです

IMG_0192.jpg

かつては東洋一の鉱山として名を馳せ、明治27年から昭和47年に閉山するまでの80年間で、金を約40t・銀を約160tも産出した鯛生金山。現在は道の駅としても整備されているのでいかがですか。最後の最後でもう一つだけいいかなぁ。鯛生金山は前回の盗難から3年後の2009年にも金貨や置物などの盗難に遭ってます。防犯体制が甘いというか、どんだけ人がいいんだろうね。W杯のカメルーンと黄金鯛の盗難事件。この2つで小さな村が2回も有名になりました。そんなこんなで堂々たる珍スポットに認定ですね
(大分県:日田市中津江村合瀬3750番地 地底博物館鯛生金山)



【 関連記事 】
 道の駅鯛生金山にある2002年日韓W杯カメルーン代表の顔ハメ(日田市)
 薩摩金山蔵 杜氏乃湯にある焼酎風呂(いちき串木野市)
 笑いの絶えない木浦鉱山すみつけ祭り(佐伯市)
 アラカブと鯛の形をしたバス停(西海市)
 鯛の形をした鯛のぼり
 ギネスブック認定。豊後二見ヶ浦のライトアップ(佐伯市)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

- きまぐれおじさん - 2011年08月11日 13:45:51

大分に帰る時高速道路を日田で降りて中津江村を通って帰ります。
明後日(13日)もこのコースを通る予定です。
毎回通って鯛生金山の看板を見るのですがまだ一回も行ったことがありません。
今日初めて見させていただきました。
ありがとうございました。

- おにぎり太郎 - 2011年08月11日 19:25:04

■ きまぐれおじさん こんばんは

日田から小国への最短ルートじゃなくて、ちょっと遠回りするんだね。鯛生金山は大分の人でも行ったことない人結構いるよ。やっぱ交通の便が悪く、よほど目的のある人じゃないと立ち寄らないんだろうなぁ。それが災いとなり泥棒に狙われたんだと思います。大金があって人家がなく、しかも福岡県との県境。道の駅ということもあり不特定多数の人が出入りするから、これじゃあ入って下さいっていってるようなもんですね。いつか機会があれば行ってみてください。いつもありがとうございます♪

- うさ - 2011年08月12日 09:59:20

こんにちは♪
砂金取りって一度体験してみたい私です♪
地底博物館も見ごたえがありそうな施設ですね。
レプリカでも黄金の鯛がキレイです^^
金の相場上がっていますよね、手元の小さな壊れたネックレスあるのだけど小さすぎてもってゆくのも悩みつつの私でしたが^^;

W杯のカメルーン、懐かしいです、テレビでよく見かけた場所はここだったのですね^^

- おにぎり太郎 - 2011年08月12日 15:59:04

■ うささん こんにちは

カメルーン代表の遅刻と村長のキャラクター、それに小さな村にやってきた外国人の人たちを一生懸命おもてなしする村民たちが新鮮にうつったんだろうね。それ以来一躍有名になりました。その後は市町村合併で日田市になってます

最近の金相場すごいよね。連日ニュースになってるなぁ。砂金採り体験は前は鹿児島県にもあったけど、今は九州でもここだけかも。一攫千金とはいかないけど、自分の手で採る金だったら感動もひとしおだろうね♪

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。