おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

一心寺に祀ってある人骨で造られた白い仏像

【評価:4びーなす】  世界B級遺産として認定す

DSCF4318.jpg

今回は大阪市にある一心寺のお話です。大分市の一心寺については何度か書いたことがあるよね。あのお寺も日本一のものが2つもあってすごいんだけど、大阪の一心寺はもっと面白いんだ。面白い。いや、ちょっと違うなぁ

DSCF4319.jpg

面白いって言うか、かなりびっくりします

DSCF4326.jpg

こちらがそうです。一見すると普通の仏様のようにも見えるんだけど、実は人の骨で造られているんだ。す・すごい。だからこんなに白いんだね。納骨された骨から造った阿弥陀如来像は、お骨佛と呼ぶそうです。10年を1期として現在は13期(平成9年から平成18年)。戦災で6体が焼失しているので、今は7体のお骨佛が祀られています。お参りに来る人も大変多く、「あれが、おじいちゃんだよ」って子供に教えてる人がいました。また14期分の納骨をしている人も2組ぐらい見ました

DSCF4321.jpg

福岡の大川市にも同じような白仏があるよね。たしか勝楽寺というお寺だったかな。日本人のおいらでも驚くぐらいなんだから、外国人からみるともっと不思議・不思議に映るんだろうなぁ

第7期お骨佛 昭和23年、焼け残った戦前の6体の遺灰に戦後納骨された22万体の遺骨を合わせ、昭和23年に造立
第8期お骨佛 昭和32年、昭和23年から31年までの納骨約16万体で造立
第9期お骨佛 昭和42年、昭和32年から41年までの納骨約15万体で造立
第10期お骨佛 昭和52年、昭和42年から51年までの納骨127,619体で造立
第11期お骨佛 昭和62年、昭和52年から61年までの納骨145,664体で造立
第12期お骨佛 平成9年、昭和62年から平成8年までの納骨150,726体で造立
第13期お骨佛 平成19年、平成9年から18年までの納骨163,254体で造立
第14期お骨佛 平成29年、平成19年から28年までの納骨で造立


(九州以外:大阪府大阪市天王寺区逢阪2-8-69 浄土宗 一心寺)



【 関連記事 】
 ここにもあった。勝楽寺の白仏(大川市)
 日本一の不動明王像と日本一の念佛鐘がある一心寺(大分市)
 正雲寺にある白い合掌の門(由布市)
 円応寺にある河童の墓(中津市)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

- うさ - 2011年06月08日 17:52:08

こんばんは♪
すごく驚きの大仏様が存在するのですね。
ただただ驚くばかりです。
真っ白な大仏様には沢山の仏様の心が宿っていらっしゃるのですね。
日本人でも驚く大仏様、異国の皆さんから見たらもっと衝撃的なのでしょうね。

- おにぎり太郎 - 2011年06月08日 21:58:26

■ うささん こんばんは

このお寺の骨佛は有名ですよ。他は1体だけとかちょっと小さい骨佛なんだけど、ここは数も大きさもすごいです。やっぱ大都市大阪だけあって亡くなる人の数も多いんだと思う
パッと見は普通の仏様に見えるけど、どうやって作られているのかを知ったらびっくりするよね。骨とニカワとセメントで造られる骨佛。なかなか興味深かったです。造る時も修行のひとつなんだろうなぁ
あとここの外観はちょっと近代的でそのギャップがまた面白かったです♪

- らぼっち - 2011年06月08日 23:37:07

この2月、大阪に行った時横を通ったんですよね
建物が斬新だったので惹きつけられませんでした^^;
でもすごいお寺だったんですね
造る過程はあまり創造したくない感じですが
そんな不可思議を超越したことなんでしょうね
いやーっ、驚きました♪
そして、流石でございまするm(_ _)m

カエル寺、こちらは面白かったです♪

- おにぎり太郎 - 2011年06月09日 02:03:24

■ らぼっちさん こんばんは

もしかして動物園にでも行ったのかな。外観はちょっとあやしいけれど歴史あるお寺みたいだね。作る過程ですか。たしかに(笑)
きっとすべてが修行だと思います。それにずーっと誰かがお参りに来てくれるから寂しくないだろうなぁと。カエル寺は有名ですよね♪

お邪魔します - A子 - 2011年08月16日 22:43:53

⊃`ノ八"`ノ八,,,φ(^∀^o)
ご訪問&コメありがとうございました!
おにぎり太郎さんもクラシック好きなんですね(ΦωΦ)フフフ…

こちらは生々しいっていうか若干エグイ仏様ですね…
御子孫の方にとっては親近感があるのでしょうね。
(。-人-。)まんまんちゃ~ん

- おにぎり太郎 - 2011年08月17日 01:31:02

■ A子さん こんばんは

こちらのお寺はたくさんの方がおまいりされてました。だから特別怖いとか思うこともなく、普通の仏像の感覚で見ることが出来ましたよ。人数が多い分10年単位で製作できるところがまたすごいよね。最後の拝んでる顔文字がめちゃめちゃかわいいです(笑)

今日はモーツァルトのレクイエム(ベーム)とドイツレクイエム(カラヤン)を聴きながら書きました♪

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。