おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

桜島にある黒神埋没鳥居

【評価:4びーなす】  世界B級遺産として認定す

CEKX2_3 377

桜島の東部、黒神地区にある埋没鳥居です。大正3年の大爆発で、現在はご覧のとおり鳥居上部しか確認することができません

■大正3年桜島大噴火で3m鳥居が埋没■
大正大噴火の前兆は、すでに3日前から始まっていました。島内のいたるところで井戸が沸騰し、海岸には大量の死魚が浮き、地震が断続的に起きていたのです。安永噴火の言い伝えから、大爆発の「前触れ」と感じた人も多く村は騒然とした雰囲気に包まれました。1914年(大正3)1月12日、午前10時5分まず西桜島赤水上が黒煙を突き上げ、10分後には東桜島黒神の鍋山が大音響とともに爆発。黒煙は上空7000mに達し、全島を被いつくしました。間断なく轟く爆発音と火山雷、降り注ぐ噴石の雨、更に翌13日には溶岩の噴出が始まり、30億トンの火の波が瀬戸海峡を横断、桜島と大隈半島を陸続きにしてしまったのです。ここ黒神でも全戸687戸が火山灰に埋没しました。高さ3mの原五社神社の鳥居は、笠木だけ残して辛ろうじて見えていましたが、時の村長、野添八百蔵は、爆発の猛威を後世に伝えるため発掘の中止を指示。そのままの形をとどめることになりました。現在この鳥居は県の文化財に指定されています  (現地案内板より)


CEKX2_3 360

自然は時として容赦なく牙をむく。自然の脅威の前には人間はほんと無力だね。今でこそ観光名所になってるけれど、実際、桜島って活火山なんだよなぁ。しかも、いっつも爆発してるイメージがあるし。九州は自然が豊かで温泉地も多いけれど、桜島・阿蘇山・普賢岳といった活火山が多いことに改めて気づかされたよ

CEKX2_3 387

本来は約3mあった鳥居も上から1mを残すのみ。いったいどれだけの火山灰が降ったんだろうね。考えるだけで恐ろしいよ

CEKX2_3 380

奥には神社らしきものがありました。どうやらこれが腹五社神社みたいです。当時の本殿は灰の下に埋まっているそうです

CEKX2_3 370

おいらが訪れた時も火山灰が結構降っていて、カーブミラーや道路脇の植物も真っ白です。駐車していた車に戻るとフロントガラスが灰だらけ。すごい降灰だなぁ。桜島に住む人たちはじん肺にならないんでしょうか。ちなみに桜島の県道沿いには防空壕みたいな退避壕が用意されています。またバス停の多くも頑丈なコンクリートで造られていました
(鹿児島県:鹿児島市黒神町 桜島にある黒神埋没鳥居)



【 関連記事 】
 原爆によって一本足になった山王神社の二の鳥居(長崎市)
 超がつくぐらい小さい淡島神社のミニ鳥居(雲仙市)
 珍しい磁器製の鳥居がある陶山神社(有田町)
 塩化ビニル管でできた面白い鳥居・歌羅音健神社(杵築市)
 珍しい銅製鳥居がある大堂神社(佐賀市)
 火山灰からお墓を守る屋根つきのお墓(鹿児島市)
 桜島にある茶色いファミリーマート(鹿児島市)
 桜島にある溶岩色したローソン(鹿児島市)
 桜島大根と桜島の形をした街路灯(鹿児島市)
 桜島の形をした街路灯(鹿児島市)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

- Hana - 2010年12月17日 18:31:56

これは凄いですね。まさに自然の驚異!
これを残した村長の英断に感謝ですね。
本当、自分が鹿児島に行ったときも
灰が凄かったですが、洗車とかどうしてるんだろう?

過去記事の橘中佐の顔ハメ、拝見しました。
あまりの手作りっぷりに吹きだしました。

- うさ - 2010年12月18日 11:56:55

こんにちは♪
またまたすごい鳥居!
自然の力ってすごいです・・・こんなに高そうな建物もすっぽり隠してしまうのですね。
そして今も降り続く・・・
それでもここに住む人々が居て自然と共存して暮らしているのですものね。
すごいです・・・
灰の下に埋もれる本殿や鳥居はどんな姿を当時の人々に見せてくれていたのでしょうね。
そんなことを考えてしまいました。

- おにぎり太郎 - 2010年12月18日 15:11:23

■ Hanaさん こんにちは

自然災害はいつ起こるかわかんないから恐ろしいです。地震とかは明日にでも起こっても不思議じゃないし。この噴火でもかなりのパニックになっただろうね
洗車や洗濯物は大変だろうなぁ。そういえば最近火山灰をつかったお土産を販売し始めたらしいですよ。缶詰にはいってて、その名もハイ!どうぞ!。開けたらリアクションに困るぐらいの品だけど、記念品にはなりそうですね♪

手作り顔ハメ面白かったでしょ(笑)
やっぱあのくらいのゆるさが顔ハメらしいですね

- おにぎり太郎 - 2010年12月18日 15:21:09

■ うささん こんにちは

降灰はこの鳥居近辺だけじゃないんだよね。すごいというか考えるだけでおそろしいなぁ。もともと桜島は海の上に浮かぶ島だったものがこの大噴火で半島と陸続きになったそうです。海も多い尽くす火山灰だったんだろうね。将来いつ噴火するのかわかんないけど、しばらくは大人しくしていてほしいなぁ。

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。