おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

淡島神社のミニ鳥居

【評価:4びーなす】  世界B級遺産として認定す

IMG_3066.jpg

雲仙市にある淡島神社のミニ鳥居。ここは宇土市にある粟嶋神社と同じぐらい有名なので、知ってる人も多いと思います。3つが連なるタイプは国東市の伊美別宮社と同じですね。一番大きな鳥居の大きさは一尺一寸で、順に一寸ずつ小さくなってるそうです。やっぱり自分の目でも確かめたいから、いつもの通り計測してみましょう。大が横幅33.5cm・高さが33.5cm(昭和38年4月3日吉)。中が横幅30.5cm・高さが30.5cm(昭和57年1月吉)。小が横幅27.5cm・高さが27cm(昭和58年1月吉)でした。間違いないみたいです

縁結び・安産・子育てに願いをこめて


IMG_3091.jpg

淡島神社由来
粟嶋神社は少彦名命を祭神として文化九年(1812)神代藩主第十代鍋島茂體公の時代に亀川出羽守忠英という人によって建立されました。社屋は幾星霜を経て現在の社屋が平成四年三月に再建されました。淡島神社という名前は元来粟嶋神社の俗称として親しまれた呼び名でしたが、今では通り名となり全国各地の淡島神社と同様、縁結び・安産・子育てに霊験があるとされ、特に女性の守り神として厚い信仰を集め、淡島さんと親しまれています


IMG_3071.jpg

では、くぐってみましょうか。肩を入れて頭を通し、あとは前進あるのみです。大きな鳥居はわりと余裕で通過できました。ただ真ん中の鳥居が結構小さく見えるんだ。やばいかも。大きな鳥居はそうでもないんだけど、真ん中と一番小さな鳥居の手前にある緑のマットがめくれあがってるでしょ。多くの人が足で蹴りながら、なんとか通過しようとしてもがいた跡なんだろうね

IMG_3088.jpg

なんとか通れたけど、やっぱ真ん中は狭かったです。肩さえ通過できればあとは大丈夫なんだけどなぁ。残すは一番小さなミニ鳥居(写真手前)。だけどコレ、絶対無理だよ。今まで各地のミニ鳥居を見てきたけれど、チャレンジする前に無理と思ったのは初めてかも。いつもの通り右肩を入れて、左肩を・・・左肩を・・・。ぐはっ、やっぱ無理。全く入りません。完全なる敗北でした。今まで10ヶ所ぐらいのミニ鳥居をくぐってきたけど、通れなかったのはココが初めてです。伊美別宮社の子鳥居は試してないけれど、たぶんそれより小さいと思います。よって勝手にだけど雲仙市の淡島神社が九州で一番小さなミニ鳥居と認定します。男のおいらは別に通れなくてもいいんだけど、女性でくぐれない人って必ずいるでしょ。でもそういう人は体型的に恵まれているから、安産で立派な赤ちゃんが産めますよってテレビで言ってました。安心・安心

IMG_3097.jpg

拝殿にあがると赤ちゃん用のミニ鳥居もあります。健康に育ちますようにとの願いをこめて、赤ちゃんをくぐらせるのかな

IMG_3079.jpg

あと、拝殿の裏には道祖神が祀られています。だけど、なんか変。前回行った時にはあった男根がなくなってるやん。女陰の上には石ころがおかれていました。誰か持って行ったのかい?

RIMG0987.jpg

ちなみにこれが前回行った時の道祖神です

IMG_3058.jpg

縁結び・安産・子育てにご利益のある淡島神社。特に女性にご利益のある神社なので、興味のある人は行ってみるといいですよ
(長崎県:雲仙市国見町神代甲 淡島神社のミニ鳥居)



【 関連記事 】
 粟嶋神社のミニ鳥居(宇土市)
 安産に御利益がある淡島神社のミニ鳥居(雲仙市)
 珍しい陶器製の鳥居がある陶山神社(有田町)
 九州各地にあるミニ鳥居一覧




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

- うさ - 2010年04月25日 15:08:53

こんにちは♪
今日の鳥居は小さいです><
これくぐるのは大変そう・・・私には無理そうです;
でもくぐれなくても体型的に恵まれているから安産っていい言葉だなぁって思ったりです^^
何事もプラスになれる言葉って励みになりますものね^^

なくなってしまった男根の行方・・・気になりますね?!
どなたかお持ち帰りしてしまったのでしょうかね^^;

- おにぎり太郎 - 2010年04月25日 22:53:11

■ うささん こんばんは

いや~めちゃめちゃ小さなミニ鳥居でしたよ。男の人で最後の鳥居をくぐるのは、ちょっと厳しいかな。それにしても、おいらはなんで2回もこの場所に行ってるのでしょ

とりあえずこれで手持ちのミニ鳥居ネタは終わりです。またどこかで見つけたときには記事にしたいと思います。男根はどこに行ったんだろう。よっぽどほしかったのでしょうかね(笑)

- ゆったり人 - 2010年04月26日 00:13:16

こんばんは。
有明フェリーのところから近いですね。
知りませんでした~(汗)
男根がなくなっている...補修...ではないですよねぇ(--)
盗難だったら目的は何か気になります^^

- るな - 2010年04月26日 11:43:33

こんにちは(^^)
ミニ鳥居可愛らしいです!こういうのがあるんですね~。
でも、ほんと小さすぎて絶対くぐれなさそうです。。。
とりあえず入ってみて、もし抜けなくなったら怖いです。。。(笑)

- kensuke^^k    - 2010年04月26日 12:57:03

宇土市にある粟嶋神社まだ行った事がないのだけど
お祭りの時によくんニュースで鳥居くぐりやってるところ
見た事あります(笑)
この写真でも絨毯見たいなのがすり減ってるのには
すごいなーなんておもいました(笑)
今日の応援です!

- おにぎり太郎 - 2010年04月26日 17:25:29

■ ゆったり人さん こんにちは

有明フェリーからわりと近いですよ。おいらは乗ったことはないんだけど、熊本とつながってて便利そうだね

消えた男根の行方がきになります。一体誰が何の目的で持ち去ったのでしょう(笑)

- おにぎり太郎 - 2010年04月26日 17:30:11

■ るなさん こんにちは

ミニ鳥居ばっかり追いかけてたら、いつの間にか10ヶ所超えちゃいました。北海道とかではないのかなぁ?
九州でもミニ鳥居知らない人が多いですよ。というかこんなとこばっかり、行ってる方がおかしいんだけどね(笑)

抜けなくたっらどうするのかなぁ。やっぱバックして戻るのか、無理矢理にでもくぐるのでしょうか。だからマットがあんなに傷んでるんだね

- おにぎり太郎 - 2010年04月26日 17:33:34

■ kensuke^^kさん こんにちは

熊本はミニ鳥居がわりと多いですね。大分ではニュースで見ることがないんだけど、やっぱそっちではメジャーな存在なんだぁ。宇土市の粟嶋神社も面白いですよ。もちろんエロエロなご神体もありますので、それも要チェックですよ♪

- ショーゲン - 2010年04月28日 17:36:20

やばっ、ココ行ってなかったす。

自転車で行ってきます。

- おにぎり太郎 - 2010年04月28日 17:41:42

■ ショーゲンさん こんにちは

ここまで自転車で行ったら結構距離あるでしょ。さすがの行動力です(笑)
もし行ったら結果を記事にしてくださいね。楽しみにしています♪

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。