おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

時津町のマンホール

DSCF2043.jpg

大村湾の南西部に位置する時津町。ここのマンホールにはコスモス(町の花)と何やら奇妙な岩が描かれてます。この天に向かってそびえたつ岩の名前は鯖くさらかし岩(継石地区にあるから別名「継石坊主」)といいます。こけしのような形をしているこの岩、微妙な角度を保ち、落ちそうで落ちない不思議な岩なんだって。これを利用して受験にご利益のある地として町おこしをしたら面白いかもドラゴンボール(イーシンチュウ)

不思議な岩の名前の由来はというと、鯖を売りに行こうとした魚の行商人が、今にも落ちそうなこの岩を見て、あの岩が落ちたらここを通り抜けようとしばらく待っているうちに売り物の鯖が腐っちゃったんだって。ホントのんびりした人やなぁアップロードファイル

DSCF2044.jpg

モノクロにはカラーにはあったコスモスがなくなり、かわりにアルファベットでひたすらTOGITUと書かれています。波とカモメ(?)も追加され、なんだか外国のマンホールみたい

鯖腐らかし岩
【提供:always

継石坊主 (鯖くさらかし岩)
雲の流れ、陽の光によって面相が変わるという。徳川時代、一世の狂歌師として有名な蜀山人・大田南畝(長崎奉行所支配勘定方)が長崎在勤中の文化二年(西暦1805年)時津に遊び、この奇岩を眺めて、「岩角にたちぬる石をみつゝおれば になへる魚もさはくちぬべし」と歌ったので一躍名高くなった(時津町教育委員会)

最後にネタバレです。現在は安全確保のため2つの岩は接着剤で固定されています
(長崎県:西彼杵郡時津町)



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。