おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

稲積水中鍾乳洞の秘密

【評価:4びーなす】  世界B級遺産として認定す

DSCF6762.jpg

大分県のB級スポットは数多くあれど、ここ稲積水中鍾乳洞もかなりの破壊力をほこります。わりと最近に出来たこのプレイランドは浄財500円を払ってからじゃないと楽しむことが出来ません。したがって券売機で入場券を購入してからお進みください(水中鍾乳洞を見学する方はパックになっているので一緒に楽しめます)

DSCF6741.jpg

園外からでも見ることが出来る巨大な稲積昇龍大観音はかっこよくて好きなんですが、この緑の集団はなんなんでしょう。はっきりいって変、変、変、変。とっても変。美的感覚は人それぞれだろうけど、この色彩の組み合わせはすごいよなぁ。ゲラゲラ笑いながら、ある種のスイッチが入りました

DSCF6742.jpg

とってもファンキーな七福神はどうみても悪役というか、偽七福神にしか見えないよ。毘沙門天さん。厄をはらうより足をどけて下さい。僕とっても痛いです

DSCF6779.jpg

手の形と持ってるものが微妙に違うお地蔵様6体です。さわって見ると軽い音が返ってくる。FRP製の仏像には魂が入っているんでしょうか。ぎゃはは、入ってる訳ないっすよ(笑)

DSCF6781.jpg

手の下や鼻の下まで緑の塗料がついてます。もう少し丁寧に養生したらいいのにね

DSCF6782.jpg

おいらが塗装をしても、ここまでひどくならないでしょ。究極のやっつけ仕事だよなぁ

DSCF6734a.jpg

この美的センスは革命をもたらすよ。緑の配色に卓越した色塗りの技術。さらにはわけのわからない仏像の数々、だれがなんと言おうとB級スポットですわ

DSCF6738.jpg

ここまで来るとちょっとした事でもおかしく感じます。一体だけならそう気にも留めないところも、こんなに数があるとねぇ。不動明王の怒りの炎と顔ですらおかしく感じました

DSCF6759.jpg

ひとしきり楽しんだ後、ふと来た道を振り返るとたくさんのお地蔵さんが。それも道の両端にずらーっと並ぶ光景、良く見りゃすごいものがあるぞ。それにしても日本の技術力はさすがだなぁ。寸分違わぬ正確さ。こりゃあ無限に作れる偽札と同じだね

DSCF6776.jpg

例の赤い水中ポンプによる滝(慈愛の滝)の横に立ってるのは弘法大師様ではないですか。しかもこの弘法大師、かなりの眼力があり怖いです

DSCF6721.jpg

なつかしい昭和オモチャ館という場所があったので入ってみます。昭和のオモチャが3,000点展示されてるそうなんだけど、どうだろう

DSCF6773.jpg

再度書きますがここは「なつかしい昭和オモチャ館」です。昭和の時代は1926年12月25日から1989年1月7日までの期間ですよね。じゃあ何で映画ハリーポッターシリーズでハリーポッター役を演じたダニエル・ラドクリフ君の似顔絵があるんだよ。彼の誕生日って1989年7月23日やん(昭和じゃないやん)

DSCF6772.jpg

映画のパンフレットも貼ってあるけど、どうみても平成映画が混ざってます

DSCF6770.jpg

ソフビの中にも、もちろん平成ライダーなどがいました。以前はこんな感じじゃなかったのに、どうしたんだろう
(大分県:豊後大野市三重町大字中津留300番地 稲積水中鍾乳洞)



 稲積昇竜大観音




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

こんばんは。 - みほチンク - 2009年12月10日 00:34:32

おぉぉぉぉぉ。
沢山一気にアップされてる・・・。
何から書こうか迷ってしまうなぁ~(*^_^*)
多久市のマンホールも素敵ですね☆
宝くじの神社って本当にご利益あるんでしょうか?怪しいもんです・・・。
俵山の所にはまだ行ったことが無いんですよね・・・怪しすぎて、怖い(*_*;
しかし、この緑さん達には笑いが止まりませんでしたよ!!!どうしてくれるんですかぁ、ハハハハ!
私が塗装したほうが上手なような気がする・・・てか、この緑さん達を見た人みんな思う事かも知れませんね(ー_ー)!!
へたくそめ!
おもしろい写真、ものすごく楽しかったです(*^_^*)

- おにぎり太郎 - 2009年12月10日 02:05:55

■ みほチンクさん こんばんは
宝くじの神社は面白いですよぉ。こういう珍スポット系が好きじゃなかったら絶対ドン引きすると思いますが(笑)
この仏像たちいろんな意味で軽いです。中身はスカスカだし、塗りはあまい。どうやったらこんな具合で最終確認を潜り抜けたんでしょうね。おいらだったら絶対返品してるなぁ

こういう記事を本当は書きたいんだけど、写真の枚数が多くなるのできついっす。そうこうしているうちにどんどん画像はたまるしどうしましょ。今は冬の季節なのに半そでの頃のネタがかなり蓄積されています。簡単な記事からドンドン吐き出していかなきゃ、やばいですv-12

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。