おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

超かっこいい阿蘇望橋

【評価:4びーなす】  世界B級遺産として認定す

IMG_2303.jpg

国内初の屋根付車道橋。それがこの阿蘇望橋(あそぼうばし)です。阿蘇の素晴らしい景色を堪能しながら車を走らせカーブを曲がった瞬間に飛び込む最初の感動といったら、そりゃあもう

IMG_0056.jpg

映画マディソン郡の橋みたいだなぁと思う人もいるだろうし、おいらみたいにSLの陸橋を想像する人もいると思う。とにかく最高にかっこいい橋だということは間違いありません

IMG_2353.jpg

ということで今回は橋を書くときにいつも使ってる面白い橋(親柱など)のカテゴリーではなく、面白いB級スポットのカテゴリーに区分しました

IMG_2335.jpg

この「阿蘇望橋」は、波野村民の方々からの公募により命名されたものです。県内外の多くの人に雄大な阿蘇の自然と人情に親しんでいただくよう、ご来遊を歓迎するという期待を込めた「遊ぼう」と、ここから「阿蘇山」を「遠望する」という意味がこめられています。この橋は、国内ではじめての屋根付の車道橋であり、橋長は、木造車道トラス橋としては現在国内最長となっています。橋の基本構造はトラス構造ですが、特に強度を要する下弦材等には鋼材を使用し、上弦材・斜材・床板には集成材を使用しています。屋根は、木材の劣化を防ぎ耐久性を高めるためのもので、屋根をつけることにより、少なくとも2倍以上の耐久性が期待できます。(平成11年8月)


IMG_2318.jpg

橋梁形式は屋根付き木造ラチストラス橋で、橋長41.6m・幅員7.0m。構造部材の木材はスギ・ヒノキ・イタジイを使用しています

IMG_2306.jpg

阿蘇望橋は阿蘇市(旧波野村)と高森町を結ぶ、全延12.1kmある森林基幹道・阿蘇東部線のちょうど真ん中ぐらいにあります。ごらんの通りのどかな場所なので平日はあまり車の往来がありません。ただしバイクは別です。特に連休中の天気のいい日には、ツーリング途中のライダー達がいつも橋の写真を撮ってます。おいらも単車に乗ってたからわかるんだけど、なぜかツーリングするときってこんな場所を意味もなく目指すんだよね

IMG_0037.jpg

訪れた日はちょうど連休中だったので、たくさんのライダーが入れ替わり立ち代りやってきました。またこんな車に乗った人たちも。色違いのスーパーセブンに乗ったダンディーなおじ様軍団です。みんなエンジンや部品が違うんだよぉって教えてくれました

IMG_2341.jpg

ちなみに橋の中はこんな感じです。きっとワクワクすること間違い無しなので、ちょっと遠回りしてでも寄ってみる価値ありですよ

IMG_2348.jpg

(熊本県:阿蘇市波野 阿蘇望橋)



【 関連記事 】
 屋根つきの呉橋がのった郵便ポスト(宇佐市)
 正真正銘の眼鏡橋(長崎市)
 日之影町のメロディブリッジ(日之影町)
 日本一長い駅名の南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(南阿蘇村)
 阿蘇市のマンホール(阿蘇市)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

- きまぐれおじさん - 2009年11月27日 17:56:56

かっこいい橋ですね!
最近できたのですか?私が熊本にいたころにはなかった気がします。
14年前頃です。
久しぶりに熊本に行ってみたくなりました。
ポチッ!

- おにぎり太郎 - 2009年11月28日 02:43:31

■ きまぐれおじさん こんばんは
この橋は1999年に完成したんだと思います。とすれば約10年前なので知らないのも無理はないね。この橋ってあんまり存在感ないのかなぁ…。おいらのまわりでも知らない人の方が多いんだよね。もったいないね~。せっかく作ったんだからもっと認知されて観光客が来るといいのになぁ

- みほチンク - 2009年11月29日 00:25:13

こんばんは。
阿蘇望橋、多分通ったことあります・・・。
なぜ多分なのかと言うと、それは夜中走ったからです。ハハハハハ。
なんせ真っ暗で・・・。
今度は明るいうちに行ってみたいと思います(*^_^*)

- おにぎり太郎 - 2009年11月29日 04:02:24

■ みほチンクさん おはようございます
真っ暗だったらわかんなかっただろうなぁ。なんせ街路灯すらない場所だもん(笑)
是非天気のいい日の昼間に通ってみてください。面白いと思いますよぉ。
次の更新はたぶん火曜日の夜になると思います♪

- うさ - 2009年11月30日 17:44:26

ただいまです♪ただいま戻りました。
ステキな和風の橋ですね^^
私も最初写真見た時はJRの線路の橋だと思っちゃいました。
車で通れるのですね^^
ダンディなおじ様の車もかっこいいです!
レースとか走っちゃいそうなデザインですね^^

- おにぎり太郎 - 2009年12月02日 15:44:18

■ うささん こんにちは
おかえりなさ~い。僕もプチ旅行をしていたもんで返事がおそくなりました。すいません

こういう橋ってやっぱ珍しいよねぇ。阿蘇の景色がいいもんだから、なおさらよく見えました。スーパーセブンにのった人たちはたぶんどっかで集会でもやってたのかな。実はこの後にそう遠くない場所で同じ車だと思うんだけど20台以上が固まって駐車場にとまってるところをみましたので。

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。