おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

昭和の町のB級解説 其の五

B級解説 其の五です。とりあえずこの昭和の町のB級解説は終わろう。しんどい…
といいながらも周辺で見つけたB級ものについては記事にするね

DSCF9107.jpg

今回は昭和ロマン蔵の中にある有料で見学できる施設を紹介します
● 駄菓子屋の夢博物館・別館(夢町三丁目民家ゾーン)
● 黒崎義介 昭和の絵本美術館
の共通入館券800円を支払うとグリコ小さな絵本(全12種類)をおまけでもらえました本

DSCF8564.jpg

行った先はまず駄菓子屋の夢博物館。とりあえず入場してみましょう
ちなみに「犬・ネコ等の動物はダッコしての入館はOKです」となっております。そして館内にはだっこちゃんがいました。なんのこっちゃ!

そして入場するや否や受け付け横に立つおばちゃんのマシンガントーク。なんでも20万点の資料のうち5万点を常時展示しており残りは4つの倉庫に保管していて定期的に入れ替えを行ってるらしいんだ。もし前来た時と展示内容が変わってなかったら館長がさぼってるんやでって言ってました

さぁ中に入ろうと足を1歩出そうとした時におばちゃんが笑顔で「カメラを盗ってはダメだけど撮影はいいよ」って。
一瞬思考が停止したよ もしかしてこれは昭和ギャグですかもうだめぽたん

では館内の様子はいつものように下の続きに書くとしますか。興味があれば読んでみて下さい
DSCF8576.jpg

ゲート横でまたまた発見した大衆食堂!しかもホームラン大衆食堂
こういうのれん自体あまり見かけないよなぁ

DSCF8577.jpg

ハヤシライスが100円です。そしてこのオレンジ色の物体がルーなんですが昭和って感じがするね。この他にもライスカレーやチャンポンなどもあって面白かったです

DSCF8602.jpg

いよいよ博物館内部へ。出迎えてくれたのが鉄人28号に鉄腕アトム、筋肉マンなどのヒーロー達ですアップロードファイル
ブリキのおもちゃにメンコ、ベーゴマなど展示されている玩具類は正直あまりわからなかったけど、それでも十分楽しめました。壁にはお面や凧などが所狭しとびっしりと展示されています

DSCF8596.jpg

「博物館の展示品をお売りしません」という紙が貼ってありました
やっぱお宝ブームなんかでほしい人が聞いたりするんだろうね。駄菓子屋の夢博物館の館長は小宮裕宣さんという人で、以前は他県に住んでいたけど昭和の町に共感して豊後高田の地に移り住んだんだって。すごすぎです 

DSCF8635.jpg

そして奥の部屋に進んだのですがココがまたすごい。棚という棚にはおもちゃ、壁には古い映画のポスターにレコードなどがびっしりとアップロードファイル
全部写そうと思い2階から撮って見たけど全く画面に収まりきらない。全部展示した時はどのくらいの量になるんだろうね
さすが日本一のコレクター

DSCF8608.jpg

昭和のアイドル達かな

DSCF8622.jpg

ここだけは座敷にあがって写真撮影をすることが出来ます。足踏みミシンに重そうな鉄製のアイロン、ちゃぶ台などがありましたちゃぶだい

DSCF8649.jpg

黒崎義介 昭和の絵本美術館です。ここについては書くことがあまりないのでスルーします

DSCF8687.jpg

有料で見学できる民家ゾーンは昭和の夢町三丁目館の懐かし屋さん奥にあります。ここは昭和の民家を再現しているんだけど、その家は古美屋家(こみやけ)というんだよ。たぶん館長の小宮さんの名前から昭和風の当て字をしたんだろうね


この民家ゾーンにはセンサーなどを使用して13ヶ所もの楽しい仕掛けがあります。のぞき穴もその一つ。のぞき穴を覗いたら目の周りが黒くなるんかと思いドキドキしながら覗いたよ。3つあるのぞき穴はそれぞれ仕掛けがあるので是非試してみてね
空も三分毎に朝・昼・夕・晩と変化するのできれいな星空も観察することができます

DSCF8699.jpg

「本当のトイレではありません。使用できません」。右上にあるのはちり紙でしょうか
今はトイレットペーパーが主流なので「ちり紙交換」ってまだ言うのかなぁ

ポットン便所でこの家の爺ちゃんの悲哀の声が…。これがのちのち重要なヒントになるんだよ。もし行く人は覚えておくといいよ

DSCF8712.jpg

台所では調理をしてました。今日の献立はカレイでしょうか
それにしてもタイルの流し台っていいねぇ。目地に汚れはたまるだろうけどシステムキッチンにはない何かがあるね。でも調理台がないからシンクの上にまな板を置いて調理してました。昔の人はこうやって料理をしてたのかなぁ南部鉄鍋
他にも五右衛門風呂があったり、広場にはケンケンパーの白線が描かれたりと、まさに昭和の博物館と呼ぶにふさわしい場所でした


たまには時の流れがゆっくりな昭和を懐かしみに遊びに行ってみてはいかがですか。全部で5回にわたる昭和の町のB級解説をお読みいただきありがとうございました

(大分県:豊後高田市新町3丁目992?23 昭和ロマン蔵)



【 関連記事 】
 昭和の町のB級解説 其の一
 昭和の町のB級解説 其の二
 昭和の町のB級解説 其の三
 昭和の町のB級解説 其の四



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。