おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

昭和の町のB級解説 其の一

sepia.jpg

豊後高田市の中心商店街は、江戸時代から昭和30年代にかけて、国東半島で一番栄えた町でした。しかしだんだんと時代の波にとり残され、多くの商店街と同じく寂しい町に。そんな時、町の人々が考えついたのは、昭和30年代の古い建物をいかした、昭和の町の再現でした

今回はそんな昭和の町を散策してみました

DSCF8452.jpg

この「オシックラ」をする男の子と女の子は黒崎義介画伯の絵本に登場するキャラクターであり、昭和の町のメインキャラクターとして採用されているので町のいたる所で見ることができるんですよ
よく見るとカツオ君アップロードファイルやワカメちゃんアップロードファイルにそっくりだよね
たぶん昭和30年代の子供達は、男の子は坊主で女の子はおかっぱが多かったんだろうなぁ
それにしても「お~い、パンツ丸見えだよ」。() ←わかる?

DSCF8459.jpg

各商店には「一店一宝」として当時の時代を思いおこさせる貴重な品が展示されているので、それを眺めて歩くとより楽しいと思いますよアップロードファイル

DSCF8463.jpg

自動販売機も木目調で面白かったです
いくらレトロっぽいとは言っても500円札は使えませんのでご注意を

いよいよ次回は商店街の中を歩いてみましょう

(大分県:豊後高田市 昭和の町)



【 関連記事 】
 昭和の町のB級解説 其の二
 昭和の町のB級解説 其の三
 昭和の町のB級解説 其の四
 昭和の町のB級解説 其の五



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。