おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

お釈迦様の花だよ♪



日本のどこにでもあるようなのどかな光景ですね
ここは大分県臼杵市深田という地区なんですが、1995年に磨崖仏として全国初の国宝に指定された国宝臼杵石仏があるんですよ
今回はその臼杵石仏ではなく、すぐそばの水田で可憐な花を咲かせている蓮(ハス)の花を紹介します

DSCF4819.jpg

ご覧の通りピンクと白のたくさんの花たちが一面に咲きほこっていて、鮮やかな競演をしています
この蓮は平成12年に仏の里には蓮の花が似合うんだという思いのもと、地元ボランティアの人々の協力で大賀蓮、酔妃蓮、八重蓮茶碗の3種類の蓮が存在しますアップロードファイル

DSCF4813.jpg

後ろの白壁の家とよくあってますね。そして蓮の花は原色原色してないところが奥ゆかしく繊細で淡い色をかもしだしていますねアップロードファイル
蓮の花言葉は、「雄弁・休養・沈着・神聖・清らかな心・離れゆく愛」。
DSCF4817.jpg

その蓮の花なんですが、お釈迦様の花としてよく知られていますよね
立て看板には『お釈迦様の花を傷めないでください』とあるけれど、もちろん最高のモデルをぞんざいに扱う不届きものはいないでしょ
そんなことをしたら天誅が下っちまいますよアップロードファイル

DSCF4815.jpg

そして一番の目玉はなんと言っても大賀蓮なんですが、その大賀蓮は植物学者である大賀一郎博士(東京大学)が1951年(昭和26年)に千葉県検見川遺跡の泥炭層から発掘されたハスの実3粒のうち1粒だけをようやく発芽に成功させたものを起源とするものです
だから大賀博士の功績にちなんで名づけられたのが大賀蓮なんだよ
2000年前の蓮の実を発掘したこともさることながら、それが2000年前のものと解析できる科学の力に拍手・拍手

DSCF4814.jpg

永い冬眠から目を覚ました子孫たちは日本各地へ株分けされ、ここ臼杵の地へとたどり着いたんだよ。夕方になるにつれ花は閉じてしまうので、鑑賞のおすすめの時間帯は午前中かな。

DSCF4799.jpg

この下にはレンコンがやっぱりあるんかなぁ
おいらが中学校へ行く途中にレンコン畑があって、通学していると、水中用の掃除機みたいなので水を放水しながら収穫してたのを思い出したよ
泥水からでもこんなに美しい花を咲かせるからお釈迦様の花なんかな  蓮ってすごいね。
生まれた環境じゃない。生きてればいつか芽がでて花を咲かせるのさ

DSCF4805.jpg

また蓮の葉といえば朝露が葉にたまると一段と絵になるね。それにしても水滴がコロンコロンして超ぴちぴちの肌やん
この技術を改良してなんか作れないかな  そして10代のお肌に戻るのだぁ
あとベトナムでは蓮茶を飲むらしいんだけど、どんな味がするんだろう 飲んだことある人いる

DSCF4808.jpg

これは花弁が散ったあとの花托なんだけど、シャワーに見えないかいアップロードファイル
この穴から水がでてシャワーを浴びれたとしても泥水だと思うから、出ても出なくてもどっちでもいいんだけどねアップロードファイル
そしてこのあと乾燥して果托となり蓮の実がとれるんだけど、何個かの花托の穴を数えてみたけどやっぱ全部違ってたわぁ

DSCF4823.jpg

蓮の花咲く水田と臼杵石仏の間にうさみ茶屋さんという食事処があるんだけど、ここではハス料理が頂けるんだな
蓮の時期と同じくして夏の間だけの期間限定料理なんだけど、蓮コース(3,150円)では『花茶・蓮の実甘納豆・豆乳寒天の蓮根あんかけ・蓮ワイン・蓮根餃子・蓮根麺 ・蓮飯・蓮の実アイス』などなどを頂くことが出来ます。レンゲ(蓮華)があったかどうかは忘れちゃいました
見ごろは7月から8月にかけてじゃないかなぁ。
8月の最終土曜日の夜に行われる国宝臼杵石仏火まつりでは数に限りはあるけれど蓮の実ご飯の無料配布も行ってるよん

あと都市伝説なんかで、ハスの花が開くとき「ポン」って音がするって聞いたことあるやろ
これは信憑性があんまりないらしく、植物学者は完全に否定しているんだって
今まで信じてたおいらは何・・・orz

それと蓮つながりで大分県の蓮情報をもう一つ!
地獄めぐりで有名な別府に海地獄と呼ばれる地獄があります。そこにある大鬼蓮と呼ばれる巨大な蓮があるんだけど、なんとその上にお盆3日間限定で小学校低学年で20kg以下の子供さんに限り乗ってみることができるんだよアップロードファイル

 うさみ茶屋HP (下の方に蓮料理のリンクがあるよ)

最後になったけど、ハスとスイレンの違いを簡単に書くね

【ハスの特徴】
◇浮き葉と立ち葉がある
◇花は水面より上で咲く
◇葉の表面には撥水性があり、水を掛けると水玉になる

【スイレンの特徴】
◇原則として浮き葉のみ
◇原則として花は水面で咲く
◇葉には撥水性はありません
◆ほかには葉っぱの形が違うなんかもあるんだよアップロードファイル

だから、パリのオランジュリー美術館に飾ってあるモネの睡蓮は本当に睡蓮なんだね
見に行った時知ってたら、もっと別の見方ができたのになぁ。これから行く予定がある人は参考にしてみてちょ


前回ちらっと書いたと思うけど、やっぱHPにすることにしました
今は全く知識がないから勉強しながらの試行錯誤になるとは思います。いつになることやら・・・。
ということで次回の記事を書いてこのブログを一区切りとさせてもらいます。かなり不定期で記事を書くとは思うけどね

(大分県:臼杵市深田 臼杵石仏そば)



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。