おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

原尻の滝はかっこいいね

DSCF5382.jpg


のどかな田園風景に突如として現れる原尻の滝なんですが、その大きさたるや幅120m・高さ20m
落差はそこまで大きくないですが、もちろん 「日本の滝100選」に選ばれていますアップロードファイル

では以上のことを踏まえ原尻の滝についてお話しましょう
まず原尻の滝がどこにあるかというと、大分県の南西部に位置する豊後大野市緒方町というところででーんと腰を据えてみなさんをお待ちしております
緒方町は農業を基幹産業とする、ごく普通の農業地域ですが、緒方平野にいきなり現れるもんだから初めての人は驚くと思うよん。だって普通滝と言ったら山奥にありそうやん
1枚目の画像は水量の少ない時なんだけど、だいたいこんぐらいの時が多いんと違うかなぁ
これでは、大分のナイアガラ東洋のナイアガラと例えられるのにはちと物足りないね泣泣
でこの2枚目の画像がちょっとだけ水量の多い時なんだけど、よっぽどのことがない限りどちらかの原尻の滝に出会うことができると思うよ
この写真はあとで紹介する吊り橋から撮影してるんだけど、弓形をしているのがよくわかるよね
こういう滝のことを馬蹄型っていうんだって 勉強になった!

FH020004.jpg

そしていよいよ真打登場です
これは大型台風が通過した台風一過の時の様子ですが、水しぶきがもうもうと舞い上がりまさに瀑布と呼べるものです。ただし水はかなり濁ってるけどねアップロードファイル
迫力満点で滝幅120m全部から滝つぼに向かって轟音とともに落下してるんですが、水しぶきが遠く位置するおいらのところまで届いてきたなぁ
DSCF5371.jpg

鳥居も川の中にあって面白いんやろ。これはまた別の時に書くね

原尻の滝は緒方川のゆるやかな流れが集約して一気に落ちこんで形成されているんですが、写真を見て分かるとおり緒方川はおだやかなもんでしょ。ここまではまったく荒々しさを感じないんだけど、いきなり姿が豹変するんよ
そして鳥居と滝の間に遊歩道が見えるやろ。この道を歩いてみると違った一面を見れるんだよ。
しまった!遊歩道と書いたけど車も通ってたような 間違ってたらゴメン
この通路の下にいくつかの空洞が見えると思うけど、ここで川の流れが結集して滝が形成されているんだな

DSCF5370.jpg

この写真は次の画像との比較用です

FH020002.jpg

ほぼ同じ構図だと思うけど、全く姿が違うよね
パノラマで撮ってるから多少は違うと思うけど、遊歩道の上まで濁流が覆ってるのが分かるよね。そして風倒木もドンブラコと流れてきて引っかかってますね
さすがにこの時は遊歩道にも通行止めのバリケードがありましたアップロードファイル

DSCF5393.jpg

この画像は上流から遊歩道の下へと入る瞬間ですが小さな渦も出来てました

DSCF5395.jpg

遊歩道を通って落下する間際ですが、滝の落下口まで近寄ることができるんですよ。迫力ある姿を間近で見ることはできますが高所恐怖症の方はご注意を 腰を抜かさないようにorz
そして石の間を通過して落ち込むんですが、レントゲンで撮ったに見えない
この右側にもあってちょうど指の形をしてるので鬼の手とか名称つけたらいいのになぁ

過去記事  顔は怖いがココロは優しい?  咲いた咲いたチューリップの花が・・・♪   芝桜フォールズ

DSCF5378.jpg

そしてここが一番の撮影ポイントやないかな
滝見橋というだけあって、滝の雄大さを一番感じることができるよ
意外と揺れるのでそれを楽しむかどうかはあなたしだいだよ

DSCF5377.jpg

DSCF5402.jpg

吊り橋を渡った反対側から見た滝なんですが虹が出てますねrainbow
ボート遊覧もあるので、より迫力のある滝を見たい人は濡れても良い格好で探検してみるのもありだよ
また原尻の滝は夜間ライトアップしてる時に行ったら幻想的でかっこいいので、アダルトな滝を見たい方は是非お試しあれ!そして毎年8月14日に緒方平野全体でを約1万3千本もの松明を使用して「小松明火祭り」というお祭りも開かれているんだけど、これも機会があれば記事にしてみるねアップロードファイル


原尻の滝ができたのは今から約9万年前。熊本県阿蘇山の大噴火で発生した溶岩が滝周辺で堆積したことから始まります。堆積した溶岩は多角形の柱がいくつも縦につなぎ合わされた形。その柱の隙間に水が入り込み、水流や水圧で圧倒された柱のつなぎ面が滝になっています
(引用:豊後大野市HP)


さすがにこんだけ解説したものは少ないやろ。本当はこんなふうに丁寧に作りこみたいんやけど、最近ブログの限界を感じててHPを作ろうかなぁって思ってんのよ
情報もそっちの方が集まるみたいやし、どうなるかわかんないけどねアップロードファイル

最後まで読んでくれたかた、ありがとうございます
(大分県:豊後大野市緒方町 道の駅 原尻の滝)



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。