おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

面白○○ご当地のぼり No.1

【評価:4びーなす】  世界B級遺産として認定す

5月5日はこどもの日
国民の祝日に関する法律では「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを趣旨としているらしいんだけどお父さんはどこいったの
ということで端午の節句をお祝いしようということで各地の面白のぼりを紹介しますねこいのぼり

そもそも端午の節句を祝うこいのぼりは、出陣の際に用いた幟(のぼり)がルーツ。今でもある幟飾りの図柄は、家紋から、坂田金時(金太郎)、神功皇后、武内宿禰などの武者絵へと変わっていった。江戸中期になると庶民の間からこいのぼりが誕生。これは、中国に古くから伝わる登竜門の伝説になぞらえ、竜門の滝を登りきると鯉が竜へと姿を変えるように、我が子も健康に育ち、将来、出世してほしいとの気持を込めたもの。だが、背景には、幟は武家のもので町人が気軽に飾れない事情もあった。こうして生まれたこいのぼりは、あっという間に広がっていった。最初の頃のこいのぼりは和紙に鯉の絵を描いたものだったが、大正時代に破れない綿織物地のこいのぼりが生まれ、戦後の高度成長期('60年代)になると、雨にぬれても色落ちしない化学繊維のこいのぼりが誕生した
(引用:るるぶ.com)
では、上記の学習をふまえて各地ののぼりを紹介します

【大分県 関あじ・関さばのぼり】
20070505002908.jpgまずは大分県代表の関あじ関さばのぼりです
すっかり全国区で認知された高級魚ののぼりですね。
一歩間違えばただの干物ですが、大空で泳ぐ姿もかっこいいですね
(手前:関あじのぼり 後ろ:関さばのぼり)
下の写真は天体観察で有名な佐賀関にある関崎海星館かな

以下同じルールですが、提供者の名前をクリックするとそれぞれのHPまたはブログへリンクしていますので、○○のぼりの詳細が知りたい方は遊びに行ってはいかがですか♪

20070505000629.jpg
【提供:陽鳥さん

九州の各地でたくさんのこいのぼりが泳いでいますが有名なのは熊本県の北東部に位置する杖立温泉ですね。杖立温泉鯉のぼり祭りの期間中には3500匹のこいのぼりが泳いでいますが全国各地から集まっただけあって色とりどりで面白いですよ

もう一つあげるとすれば、大分県の玖珠町のこいのぼりかな
日本童話祭では三島会場と玖珠川河川敷会場の2つの会場があり、各会場では全長50メートルと30メートルのジャンボこいのぼりが大空を泳ぎます
残念なことに4月20日の虫干しのときに長さ40mに渡って裂けてしまいました(>_<) もちろん職員の方が一生懸命修復はしましたので安心してくださいな♪
同時にあるジャンボこいのぼり(全長60m)のくぐりぬけは、鯨に飲み込まれたゼペットおじさんとピノキオの世界を味わえるんやないかな

衝撃の映像は  TOSテレビ大分

【大分県 どんこのぼり】


豊後大野市の犬飼町で泳いでるどんこのぼりを紹介します
犬飼名物どんこ釣り大会の会場上空で泳いでるのですが、眠いの? それとも怒ってるの? どっちなん
大会は釣り上げた数と1匹あたりの大きさを競う2つの賞が設けられているよん

【高知県 かつおのぼり】
20070504144339.jpg
【提供:三面相さん

高知県黒潮町(旧佐賀町)の河口で雄大に泳ぐカツオの群れですね。
初鰹の時期に大漁を祈願しているんでしょうかね
カツオは釣ったときにビビビッビって暴れるけど、このカツオたちも力強そうだね

【鹿児島県 かつおのぼり】
20070504143655.jpg

高知県と並びカツオで有名な町枕崎市にもカツオのぼりはありました
こののぼりは端午の節句に「かつおのように強く・たくましく子供が想起される縁起物」として家庭であげられているらしいです
かつおのぼり(4m・青)は価格、税込7,500円
かつおのぼり(3m・赤)は価格、税込3,700円 で楽天市場で販売されていました



【 関連記事 】
 ご当地のぼりの特集 No.2
 ご当地のぼりの特集 No.3



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。