おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

国東市の走水トンネル

【評価:4びーなす】  世界B級遺産として認定す

DSCF3821.jpg

豊後高田市と国東市を結ぶ県道29号線(豊後高田国東線)を車で走っていると、一際目を引く鮮やかなトンネルがありました。走水トンネルといいいまして、ちょうど両市をまたぐ位置にあるんですね

DSCF3823.jpg

このレリーフは六郷満山に伝わる国指定重要無形民俗文化財である修正鬼会。ぱっと見、プロレスラーの獣神サンダー・ライガーでしょ。ライガーも赤と黒のバージョンがあるんだけど、この鬼にも、赤鬼の災払鬼と黒鬼の荒鬼がいるんですね

liger.gifliger2.gif
DSCF3819.jpg

そして、こちらは長岩屋川の中にある巨岩に刻まれた川中不動です。大分県は磨崖仏が多いんだけど、この不動尊、川の中にあるということはもちろん、その大きさにも圧倒されるものがありますよ絵文字名を入力してください



反対側のレリーフもきれいでした。ここの道路は全体的にレリーフが鮮やかでめちゃめちゃ楽しいです。まだまだ他にもあるので次回以降もこのトンネルねたを続けますね

DSCF3810.jpg

このおじさん、誰なんだろうと思って調べたら安岐町に住んでいた三浦梅園さんという人なんだって。なんでも江戸時代に活躍した哲学者らしいんだけど全然知らないや。豊後三賢の一人ということなんだけど、こんな事でもない限り知ることがなかっただろうなぁ。一緒に描かれている梅は名前からで、星は自然哲学からとったのかな

DSCF3814.jpg

この建物は三浦梅園の旧宅みたいです DSCF3811.jpg

名称:走水トンネル  レリーフ:両面
竣工:2001年11月  延長:568m  巾:7.5m  建築制限高:4.5m
(大分県:国東市安岐町&豊後高田市 走水トンネル)




大きな地図で見る



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。