おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

陶製ポストと陶器で出来た手榴弾

【評価:3びーなす】  日本B級遺産として認定す

IMG_4509_201402270358467d5.jpg

有田の文化を今に伝える有田町歴史民俗資料館。佐賀県立九州陶磁文化館が同町にあるためどうしても陰に隠れがち。だけどだけど、ここにしかないとっても貴重なものがあるんです

IMG_7590.jpg

では、館内に入ってみましょう

IMG_4515.jpg

まずは受付で100円を払います。写真を撮ってもいいかと尋ねたら、この書類にサインをすればOKだよと言われました(撮影&ブログ掲載)

IMG_7611.jpg

そんなに広くはないけど整理されてて見やすいです

IMG_7598.jpg

こちらがお目当ての郵便ポスト。茶色いだけで何がそんなにすごいのか。実はこちら、陶器で出来た陶製ポストなんです。丸いポストはだいぶ前からあったそうですが、太平洋戦争という戦時下において鋳物で出来たポストは回収され武器へと姿をかえます。そこで代用品として目をつけられたのがコンクリート製のポストや陶器製のポストなんですね

IMG_7596.jpg

中樽にあった佐賀県窯業試験場(現佐賀県窯業技術センター)で、代用品の見本としてつくられたものです



IMG_4517_20140227035924f64.jpg

他にも興味深いものが展示してあります。陶器で出来た手榴弾。まさかこんなものまで陶器であったとは。重くて投げにくいだろうし、その前に威力はあったんだろうか。話を聞くと以前学校の運動場で実験をやったことがあるそうです。結果はあまり威力は無く、爆弾としての効果には疑問符がつく。そんな結論になったそうです

磁器でつくられた手榴弾です。外面に施釉したものと無釉したものの2種類があります



IMG_4523.jpg

もっとぶっそうな砲弾もあります。実戦での使用はなかったそうですが、かなりあせってたんだろうね

金属の代用品
戦争の長期化は、金属製品の不足をもたらしました。このため、金属の代用品の製作が国策として奨励され、昭和13年(1938)には佐賀県工芸協会による「陶磁器代用試作展」が開催されるなど、全国の焼き物産地で焼き物を使った代用品が考案されました。有田でも磁器による硬貨、かん詰め、手榴弾、ポストなどが試作されています



IMG_4525.jpg

陶製水筒

昭和10年代に、焼き物でつくられた水筒で、代用品の一つです



IMG_4526.jpg

缶詰の代用品。大日本防空食糧株式會社って書かれています

防衛食器
かん詰の代用品として作られたもので、パッキンを挟んで密閉します。実際に使用されていました



IMG_5182.jpg

統制番号の付された製品。海軍食器にはイカリのマークが入っています

軍需産業
戦線が拡大すると、有田にある主な焼き物工場は、軍の管理下に置かれ、軍の指定するものが生産されました。それまで美術品工場だったところで、美術品とは無縁の軍用食器がつくられるなど、焼き物工場は軍需工場化していきます。有田では、軍港のある佐世保に近いこともあり、特に海軍に納める製品を中心に生産が行われていました



IMG_7609.jpg

極めつけがこれ。陶器でできたお金です。1銭陶貨の表は「富士山と壹」、裏は「桜」。陶貨は有田・京都・瀬戸で生産し、有田では日産100万枚を目標としていたそうです。流通する前に敗戦の日がやってきて粉砕命令が下されました。手榴弾や陶貨はYahooオークションでもちょいちょい見るよ

陶貨
焼き物の硬貨です。10銭、5銭、1銭の3種類が試作されています。これはその中の5銭(左)、1銭(右二つ)です


IMG_5179.jpg

いやぁ、どれも濃くて、とっても充実した展示物です。統制の時代は苦難の連続だったことがうかがえます。美術的価値の高い有田焼きもいいけど、こうやって違う一面を見ることも大事だね

IMG_7617.jpg

焼き物資料館であると同時に戦争資料館でもある有田町歴史民俗資料館。個人的には結構おすすめスポットだと思うので、ビビッと感じた方はぜひ訪問してください
(佐賀県:西松浦郡有田町泉山1−4−1 有田町歴史民俗資料館)



【 関連記事 】
 実際に使用されていたコンクリート竹筋製ポスト(九重町)
 戦争によって破壊された一本柱鳥居(長崎市)
 陶山神社の磁器製鳥居と狛犬(有田町)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示




記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。