おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

国東の地で繰り広げられる、仁義なきツバキ抗争

【評価:4びーなす】  世界B級遺産として認定す

IMG_6671.jpg

国東半島の山中では六郷満山信仰という文化が根付いています。それ自体大変珍しいものなんですが、もう一つ弘法大師をめぐる「元祖と本家の抗争」があることをご存じでしょうか。今日は弘法大師(空海)にまつわるお寺バトルを書きたいと思います。豊後四国八十八ケ所霊場に加えられる、豊後高田市の真玉地区にある椿大堂(48番)・椿堂(49番)・椿光寺(66番)。三寺にはいずれも椿という名前がついていて、それぞれに椿にまつわる話と霊水の伝説が残っています。極狭いエリアに位置する三寺は、「椿堂・椿大堂連合」対「椿光寺」という関係で互いを意識しあってるんだ。もっと言うなら相手の事を完全無視。だって向かい合う位置にありながら、互いのパンフレットの地図には全く触れられてないんだもん。その辺の空気感は現地で確認してください

IMG_2630.jpg

では順番に説明しますね。県道654号線を走ってると大きな石塔があるのでそこを曲がります。車1台通るのがやっとの道だから、十分注意してください

IMG_0911.jpg

運転に自信がない方は県道沿いにそれぞれが整備した広い駐車場があります

IMG_2635.jpg

100mぐらい歩くと大きな弘法大師像と五色幕が目に飛び込んできた。看板が乱立してるのとカラフルな五色幕のせいで、なんかえらいことになってます。ごちゃごちゃしててどこに行ったらいいのかわかんない。どうしよう
(左)椿光寺 (中)椿堂 (右)椿大堂

IMG_6694.jpg

とりあえずは一番歴史のある椿堂に行ってみようっと。山門隣にある大きな看板、目立つでしょ。銅色の大きな看板は形が変わってるね

IMG_2663.jpg

もしかして不動明王がもつ剣の形なのかな。と思ったら、すぐ下には不動明王の石像がたくさん安置してあった。奥の院には椿大師身代り不動尊もあるようだし、間違いないでしょう

IMG_0942.jpg

境内ではたくさんの猫が日向ぼっこをしています。おばちゃんに聞いたら50匹ぐらいはいるんだって

IMG_2666.jpg

こちらが椿堂の本堂だよ。椿堂は真言宗の寺院で、椿大師とも呼ばれています。どう、本堂前には弘法大師像があるぐらいで普通でしょ

椿大師縁起に「大同2年、椿の錫杖を持した旅僧来たりて岩影に庵を結び、その杖で清水を(ご霊水)をつき出し、この地に椿の錫杖をさして旅立たれた。やがて錫杖より芽が出て大樹となった」。この旅僧こそ、後の弘法大師であったと伝えられる。 名刹椿堂は、幾たびか栄枯盛衰を繰り返したが、宝暦10年盛殿法印が大師の遺徳を偲び四国に行脚して八十八ヶ所の霊場をこの地に勧請、豊後四国八十八ヶ所の第四十八番(椿観音)、第四十九番(椿大師)札所となった。 爾来霊場の総本山として、ご霊験あらたかな椿の観音さま、椿のお大師さまと全国各地より続々と参詣して香煙の絶え間がない
弘法大師巡錫以来、1200年


IMG_2701.jpg

ん・・・。だけど、なんか様子が変。入口の所にぶらさがってる、あの黒いものは。もしかして・・・。やっぱりそうだ、ギャーーー!ギャーーー!ギャーーー!

IMG_0931.jpg

南無妙法蓮華経。南無阿弥陀仏。臨兵闘者皆陣列在前。もう一つおまけにアーメンも。大量の黒髪がぶらさげられてます。すんごい怖いんだけど

IMG_0935.jpg

女性の長い黒髪、それもおびただしい数の髪が奉納されてます。お焚き上げでかなりの数を処分(供養)したそうですがピーク時には3,000人分もの長髪があったらしい。髪だけでなくギブスやコルセット、松葉杖などもありますね。大切な黒髪を切って捧げる代わりに何かを祈願するのかな。民間信仰の極みここにありです。でも、不気味っていうほどではないので、どうか安心してくださいな

IMG_2709.jpg

「生きている民俗探訪」という本によると、出家して尼になった時か主人が亡くなった時などに奉納したものらしいです。もちろん快癒のお礼でも奉納してるだろうけど、戦後は断髪やパーマで髪も短くなり、最近では千羽鶴に代わってきてるそうです

IMG_2738.jpg

次は本堂左にある奥の院に行ってみましょう

IMG_0918.jpg

奥の院は弘法大師が修行した伝説が残る霊窟です。高さ10数メートルの一枚岩になってるそうです

IMG_2718.jpg

霊窟の中も雰囲気ありますね

IMG_2720.jpg

弘法大師と不動明王像がありました

IMG_0923_20121224140242.jpg

その脇にはコルセットと松葉杖が山積みされている。ひょえーー

IMG_0926.jpg

椿大師の御霊水。弘法大師が椿の杖を岩に刺したところ清水が湧きだしたと云われています。眼病や胃腸病などに効果があるんだって

IMG_2728.jpg

椿大師身代り不動尊

IMG_2734.jpg

なかなかディープな岩窟だったけど、ようやく表の世界に戻りました

IMG_0928.jpg

太陽の光が気持ちいいなぁ
(大分県:豊後高田市黒土1400 弘法大師ゆかりの名刹 真言宗 西高野山 椿堂)

IMG_2740.jpg

次は椿大堂の方へ行ってみましょう

IMG_0946_20121225090806.jpg

椿大堂は椿堂と同じ境内なんだけど、ほんの少し上の方にあります。これが山門。普通寺ともいうらしく、豊後四国八十八ヶ所の総本山でもあります

IMG_2743.jpg

途中にあった水かけ親子地蔵尊

IMG_2775.jpg

あっという間に本堂に到着です

IMG_2753.jpg

観音様の前には願いを書いたしゃもじが置かれてる

IMG_2755_20121225132046.jpg

梵鐘は幸せを呼ぶ鐘というらしく、ついた鐘の音が幸せとなって返って来るように入魂されてます

IMG_0956.jpg

その足下には銀色の石像がありました。銀の石像って珍しいなぁと思ったら、小さなシールを体に貼ってあるんだね。まるで宇宙線からの被爆を防ぐ防護服みたいでかっこいい。もしくは、ゴールドライタンの仏像バージョン?

IMG_2766.jpg

以前書いたことがあるけど、同じく豊後高田市にある胎蔵寺でも金色と銀色のシールが貼られてあるよ。他所ではあんまり見かけない珍しい祈願方法です

IMG_0954_20121225132020.jpg

護符シールは自分の身体の痛いところに貼るといいんだって

IMG_0950_20121225212854.jpg

しあわせ観音。ぼけ封じ観音という名前で置いてあるお寺も多いよね

IMG_0960.jpg

本堂脇の階段をあがり奥之院へ行ってみます。途中、水子地蔵尊がありましたが、癌切り地蔵みたいです。癌にご利益があるお地蔵様だった

IMG_0973_20121225132046.jpg

お救い堂奥之院の壁なんですが、しゃもじがたくさん貼り付けられてます。これは羅漢寺(中津市)や霊巌洞(熊本市)なんかと同じですね

IMG_0968_20121225132019.jpg

部屋の中にもしゃもじが貼られています

IMG_0972_20121225132019.jpg

貼り付けるのが大変なのか、天井部分は結構スカスカ状態
(大分県:豊後高田市黒土 豊後四国八十八ヶ所総本山四十八番 善通寺椿大堂)

IMG_2638.jpg

最後は椿弘法大師元祖の寺である椿光寺(通称椿寺)に行きましょう。外で椿大師像を見ていたら住職が本堂に入るように言うんです。どうしようかと思ったけど、せっかくなのでお呼ばれしました

IMG_6680.jpg

お茶を頂きながら寺の歴史や空海、峰入りなどについて語ってくれたんだけど、面白かったのが弘法大師といえばたいていが真言宗なのに、こちらは天台宗ってこと。あとは、向かい側のお寺についてもゴニョゴニョと

IMG_6679.jpg

本堂には奉燈供養というものがありました。提灯の下にある札には名前と住所が書かれています。厄除けと開運の祈願方法みたいですよ

IMG_2650.jpg

椿大樹のあった場所にたつ願かけ利益の修行大師像です。像自体はそんなに大きいものではないんだけど、修行大師堂の上に建ってるため遠めだと大きく感じます

IMG_2654.jpg

椿大師霊水の地っていうのが修行大師堂の中にありました。諸国を行脚した空海だからいいんだけど、まさかこんなに近い場所に霊水が2つもあるとは・・・。水は普通においしかったです

IMG_6674.jpg

たとえ椿を巡る確執があったとしても、参拝客が気を遣うようじゃあいけませんねぇ。せっかくどのお寺も歴史や見所があるんだから仲良くしたらいいのにね。まぁ、おいらの場合は面白かったら、なんでもいいんだけど(笑)
(大分県:豊後高田市黒土1131 椿大師元祖の寺 椿光寺・通称椿寺)



【 関連記事 】
 手形足形を奉納する手足の神様・八つの神様ご利益巡り(和水町)
 蛸断ち祈願の早吸日女神社(大分市)
 お願いシールの胎蔵寺(豊後高田市)
 しゃもじ奉納と五百羅漢の羅漢寺(中津市)
 しゃもじを奉納する雲巌禅寺・霊巌洞(熊本市)
 まむし温泉にある空海のパワースポット(糸島市)
 お食事処 何か空海(由布市)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

- きまぐれおじさん - 2012年12月28日 17:26:15

なんだか写真を見ていると凄いところですね。
黒髪を奉納したり、しゃもじが沢山あったりとあまり見たことのないお寺?ですね。
大分県にもなかなか珍しいところがあるんですね。
神社やお寺など何気なく行ってみたりしますがこんなに注意深く見ていくといろいろあるんだろうな。
面白く拝見させていただきました。

- おにぎり太郎 - 2012年12月28日 19:53:50

■ きまぐれおじさん こんばんは

このお寺は大分の中でもかなりぶっとんでいて、珍度はかなり上の方だと思います。一ヶ所でいろんな珍に出会えるのでいいですね
信仰はいろんな形であるだろうけど、髪の毛や人形のたぐいはなんとなく、ぎょっとします
今年も一年ありがとうございました♪

- らぼっち - 2013年01月03日 00:28:21

あけましておめでとうさんです^^
おにぎり太郎さんのご当地大分でも、まだこんな珍スポットが残されているんですね
すごいというか、ぞわぞわっとしました
霊窟はうちら二人とも入りきらないかも♫
椿抗争するよりも協力して客を増やすことを考えればよいのにね^^;
今年もよろしくです

- おにぎり太郎 - 2013年01月04日 22:59:29

■ らぼっちさん あけましておめでとうございます

ここは大分の中でも上位に位置する珍スポットです。霊窟は写真でみるとちょっとあれだけど、そんなに不気味とかではないですよ。一応霊場みたいになってるので、参拝客もぼちぼちいるので大丈夫

更新頻度の低いブログですが、今年もどうかよろしくお願いします♪

- NAGISA - 2013年02月26日 11:43:20

行ってきました!うん、面白い(笑)
抗争はよくわからなかったけど
このブログを読ませてもらっていたので
いろいろ想像しながら見て回ることができました!
髪の毛を見たときの友達のギョっとした顔と言ったら・・・。
でもそのあと猫ちゃん達に癒されたみたいです^^

- おにぎり太郎 - 2013年02月28日 02:10:37

■ NAGISAさん こんばんは

抗争わからなかったですか?ブログで詳細を書くとまずいと思って、かなりオブラートに包んでるのでわかりにくかったかな。3つのうちのどこかの住職に話をきくと、愚痴みたいなのを延々と聞かされますよ(笑)

奉納された髪の毛にはびっくりですね。ギブスとかも奉納する民間信仰みたいなものは珍しいので面白かったです。国東はほんとディープな地域で、どこいっても面白いです。あと国東は宝くじ関係でも町おこしやってるので、もし興味があるならおすすめですよ♪

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。