おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

蓮華院誕生寺奥之院にある世界一の大梵鐘と五重塔

【評価:3びーなす】  日本B級遺産として認定す

IMG_2228_20121024154543.jpg

玉名市にある蓮華院誕生寺。同じ市内に本院と奥之院があるんだけど、今回訪れたのは少し小高い場所にある奥之院の方です

IMG_2231.png

食事処や休憩所もあり立派なお寺だなぁ。奉納されてる狛犬がすっごく大きかったよ

IMG_2229.jpg

皇円大菩薩様と蓮華誕生寺
当奥之院の本寺は、この南四キロの地にある真言律宗別格本山「蓮華院誕生寺」である。蓮華院は今から約九百年の昔、肥後阿闍梨皇円上人(後の皇円大菩薩様)御誕生の地という縁起を以って八百余年前、皇円上人の法孫「恵空上人」によって建立された寺院で八町八反の境内を有する大寺院であった。皇円上人は、関白右大臣藤原道兼卿から五代目の斎官の長官三河守・豊前守・従五位、藤原重兼公の長子として、この肥後の国、玉名市築地にご誕生。のち比叡山に登られ、八十年余年の修業を重ねられ、三十五才にして、「扶桑略記」をご編逑。「当時第一等の人」「当代随一の碩学」とたたえられ親鸞聖人の師、法然上人など、数千の弟子を訓育された。八十余年の修業の末、衆生のなやみ苦しみは因縁から起きているが、それら因縁を探り知りそして除くことは、五十年や百年の修業では期し難しい。長い寿命を保つという龍に身をかえて修行するよりほかに道はない。として嘉応元年六月十三日(西暦1169年)静岡県の桜ケ池に龍神に化して御入定された。以来、七百六十年を経た昭和四年十二月十日、川原是進大僧正(蓮華院の中興の祖、奥の院の開山)旧蓮華院の草堂において祈念されると突如、皇円上人のご霊姿あらわれて給うて「われは今より七百六十年前、遠州桜ケ池に菩提行のため龍神入定せし皇円なり、今心願成就せるをもってその功徳を汝に授く、よって今より衆生済度と蓮華院の再興にあたれ」との御霊告を賜わる。是進大僧正様は御霊告を守り、皇円大菩薩の絶大なる御霊力の加護のもと天正十年(一五八二年)戦国時代の戦火によって焼失した旧蓮華院を再興された。是進大僧正様は度重なる修行によって天眼さらに開け、無双の功徳力を得、以来、ご霊示に従って済世利人の実をあけられた。昭和四十三年には皇円大菩薩様の桜ケ池ご入定八百年ご遠忌大法要を厳修。これを記念してここに約六十町歩(十八万坪)の境内を有する「奥の院」の建立を発願された。かくて昭和五十三年十一月十三日、五重御堂の完成を期に「落慶大法会」を修し、ここに之を記す
昭和五十三年 暮 真言律宗 別格本山 蓮華院誕生寺 奥之院


IMG_2234.jpg

入口にある門が少し変わってて円になってます。心経門というらしく、佛説摩訶般若波羅蜜多心経と刻まれていた

IMG_2341_20121024154919.jpg

反対側にもびっしりと。あとでお坊さんに聞いたんだけど、この心経門をくぐるとお経を唱えたのと同じ効果があるんだって

IMG_2241.jpg

寺務所で200円を支払い中に入ります。まず最初はどこに行こうかな

IMG_2269.jpg

悩んだけれど、やっぱり最初はここにしよう。世界一の大梵鐘がある鐘楼堂です。日本一を飛び越えて世界最大っていうのがすごいよね

IMG_2254.jpg

飛龍の鐘の由来
この大梵鐘は、京都で造られた世界一の大梵鐘で、昭和52年5月、瀬戸内海を渡り国道を通ってここに納まりました。大梵鐘は、奥之院への六トン車以上は登れない狭い山道を、ご本尊皇円大菩薩様の御霊力と中興開山川原是信大僧正様の真言秘密のご祈祷によって、わだち一つ付けることなく、一時間余りでこの奥之院に参りました。(あたかも飛来したかのように思われたので、「飛龍の鐘」といわれています


IMG_2270.jpg

飛龍の鐘と呼ばれるこの梵鐘、写真で見るよりもかなりでかいです。厚みは32cmで高さは4.55m。繰り返しになるけど、ほんとびっくりするぐらい大きいよ。ちなみに玉名駅前にはレプリカが飾っています

飛龍しらべ
直径 9尺5寸 2.88m
厚さ 1尺   32cm
高さ 15尺  4.55m
重さ 1万貫 3万7500kg
60kgの大人625人分の重さです(基壇は7間4面です)


IMG_2267.jpg

Youtubeに良い動画がなかったので公式HPにリンクしときます。一見の価値ありです。ぜひご覧ください

 世界最大の梵鐘(飛龍の鐘)

IMG_2262.jpg

双体道祖神でしょうか。鐘の近くにポツンとありました

IMG_2245.jpg

次は仁王門に行ってみます

IMG_2279.jpg

阿形・吽形は総高十三尺あり、九州で2番目の大きさらしいよ

IMG_2287.jpgIMG_2282.jpg


右 相向力士王(吽形) 左 不可越金剛王(阿形) 大仏師 松久朋琳・松久宗琳作



IMG_2263.jpg

さらに進みます。次は鐘楼堂の後ろにある五重塔に行きましょう。この五重塔なんだけど、めちゃめちゃきれいだと思いませんか。そしてやっぱりこいつもでかかった。高さは51.5mで国内3番目。大きさは一番なんだって

IMG_2260.jpg

迫力満点の五重塔なんだけど、実はこれ登れるの。それもただ登るんじゃなくて修行しながら登るのね。まるで死亡遊戯やリングにかけろの影道の塔みたいでしょ。身体を動かし準備万端です。かかってこんかい、おらおらおら

IMG_2289.jpg

ていうのは冗談で、修業っていっても敵がいるわけじゃなく仏教形式の修業だよ

五重塔はお寺のシンボルと言われておりますが、昔から、塔は仏さまそのもととして尊ばれてまいりました。ですから、本来、登ることは許されておりません。しかし当山の五重塔は、御開山大僧正様が、僧侶や、修行を志す一般の人たちの修行道場としてお造りになった。日本で初めての「登って修行することの出来る五重塔」であります。ですから、この堂内での修行の実態を見て頂くことや、あるいは修行の道場を見ていただくことは、み仏様との大いなる縁結びでございます


IMG_2305.jpg

その前に入り口にあった七代目左甚五郎作の大黒さまを見てみよう。表情がなんだか面白い

IMG_2299.jpg

絵馬もあって相撲と将棋の関係者が多かったです。蓮華院誕生寺は奉納相撲や将棋の名人戦もあった場所で佐藤九段は王将位の防衛を願ってました

IMG_2311.jpg

塔の一階が本堂になってます。本堂の写真はNGだけどお坊さんが座ってた。グッズの物販もやってます。二層以上への登塔料は別途300円必要ですが、もちろん支払います。登るのに作法があるらしく、さききほどのお坊さんから紫色の輪袈裟をいただきます。それを首にかけてから左手にお香をもらい、両手でこすり足から上の方へポンポンさせます

IMG_2318_20121024154804.jpg

一通りの作業をすませ二階にあがりました。この日は誰も修行をしてなかったので写真もOKとの返事をいただいています。写経道場です

IMG_2322.jpg

三階の護摩道場

IMG_2326.jpg

四階は阿字観道場。座禅をする場所です

IMG_2328.jpg

最上階では外に出る事も出来、18万坪(60ha)の広大な景色を堪能できます。風がすっごく気持ちよかった

IMG_2338.jpg

5階は法輪道場です。皇円大菩薩についての絵伝があります

IMG_2333.jpg

こちらが浄土宗の御開祖法然上人のお師匠さんである皇円大菩薩です

IMG_2238_20121024154542.jpg

なで佛さまになっていて、自分の悪いところを触りながら仏様を撫でれば良くなるらしい。また、男女で手をつないで撫でれば、縁結びにもご利益があるといわれています

IMG_2340.jpg

柴燈大護摩道場前にある極楽橋です。後ろに写ってるのは総高13mある皇円大菩薩の大仏様です

IMG_2336.jpg

若干、でかさや一番にこだわってる気もするけど、総じてみればいいお寺です。登れる五重塔と世界一の飛龍の鐘を見に行ってみませんか
(熊本県:玉名市築地1512-77 蓮華院誕生寺 奥之院)



【 関連記事 】
 トピアリーで作った五重塔(阿蘇市)
 なで仏。日輪寺にある巨大おびんずる像(山鹿市)
 疋野神社にあるミニ鳥居(玉名市)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

この記事へのコメント

- らぼっち - 2012年10月26日 23:11:54

おっ、五重塔に登ったのですね
中はこんなになってるんだ^^
やはり高いところは良いね
この五重塔は小岱山から小さく見えてましたよ♬
ちょっと金持ちすぎるお寺ですよね^^

- おにぎり太郎 - 2012年10月27日 12:36:28

■ らぼっちさん こんにちは

五重塔よかったです。本院の方は木造らしいけど、こっちはSRC造なので安心して登れます。上に行くにしたがって部屋が小さくなるのもわかったよ

お金持ってるお寺だとは思いました。来月には横綱の奉納相撲もあったりダライラマがやってきたりするぐらいだから、きちんとしたお寺なんだけどね。法隆寺や東大寺みたいに有名ではないけどいいお寺だと思います。本院の方の四天王像は白鵬と朝青龍をモデルにしてるんだって。面白いと思うので機会があれば行ってみてください♪

それと、ちかいの詞(ことば)っていう封筒をもらったんだけど、中には大小あわせて同じ文章3枚が入ってました

「ちかいの詞(ことば) わたくしは、父母祖先、先生、ともだち、そして、この街この村この山河、すべてに感謝し、恩返しのできる人間になるために、日々努力、精進いたします」

自分に足りない点なので肝に銘じるためにここに記しときます(笑)

- きまぐれおじさん - 2012年10月28日 07:40:45

すっごいですね。
玉名にこんなところがあるなんて知りませんでした。
といっても玉名ってあまり行ったことがありませんから仕方ありませんが。
ま~るい大きな門は圧巻ですね。
最近、遠くに行っていないので新しいものに会っていません。
ちょっと走ってみなくっちゃですね。

- おにぎり太郎 - 2012年10月28日 17:14:02

■ きまぐれおじさん こんにちは

ここは大きなお寺ですよ~。玉名は福岡からだと、あっという間につくと思うので機会があれば是非。勝手知ったる地元の町をぶらぶら歩くのも楽しいけど、知らない土地だとちょっとしたことでも感動ありますね。そしてまた自分の町を歩くとあらためて良さに気付いたりもします。これから気候が良くなるのでお互いドライブ楽しみましょう♪

- うさ - 2012年10月30日 13:20:11

こんにちは♪
色々と大きなお寺ですね。
その大きさに最初は興味から入っても帰る頃には別の気持ちをいただいて帰路につきそうですね^^
狛犬さんも大きくてびっくり!
出会ってみたいです^^

- おにぎり太郎 - 2012年10月30日 20:02:59

■ うささん こんばんは

境内は広い上に大きなものもたくさんあって面白かったです。お寺の雰囲気はとっても良かったですよ。次回行った時は鐘をつくところを実際に見てみたいなぁ
あとお茶会みたいなものもあるようだけど、やっぱりそれも巨大な器で飲むみたいだよ(笑)

トラックバック

URL :

プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。