おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

熊本で訪ねた宮本武蔵の墓と霊巌洞

【評価:2びーなす】  心の琴線に触れるもの

IMG_5140.jpg

剣の達人でありながらすぐれた水墨画を残してることでも有名な宮本武蔵。彼が晩年を過ごしたといわれる熊本で彼の足跡をたどってみました。ていうか、つい最近まで熊本にいたことすら知らなかったんだけどね

IMG_5169_20120627142031.jpg

まず最初に行ったのが宮本武蔵のお墓がある武蔵塚公園です

宮本武蔵
武蔵は天正12年(1584) 播磨国(現兵庫県揖保郡太子町宮本)に生まれた。幼名を弁助と云い、後に武蔵と改め、また晩年には二天道楽とも号した。大小二刀を用いる二天一流を創始して後世剣聖と仰がれた兵法者である。13歳のときから28、9歳のときまで諸国を歴遊し、六十余回も勝負したが一度も敗れなかったという。吉岡一門との戦いや、佐々木小次郎との試合は特に有名である。
寛永17年(1640) 武蔵57歳のとき、細川忠利公に客分として招かれ軍事政治の顧問として仕えた。翌年、忠利公の命で武道の奥義に関する「兵法三十五箇篠」を上書した。また、武蔵は武術だけでなく茶、禅、書画三昧の日々を送り文人としても名高く水墨画など名品を残している。忠利公没後、金峰山西麓の霊巌洞にこもり、五輪の書を著わした。この他、武蔵が臨終の7日前にしたためものに「独行道」がある。
正保2年(1645) 5月19日、武蔵62歳にして熊本千葉城の自宅で没した。
武蔵は生前の遺言によって主君の参勤交代を見守るため、甲冑を帯し六具に身を固め立身の姿でこの地に葬られたと伝えられている。
また一説には、天正10年(1582) 美作国(現岡山県英田郡大原町宮本)に生まれたとも云われている


IMG_5174_20120627082408.jpg

駐車場には武蔵うどんというお茶屋さんがあって入口には武蔵を演じたことがある昭和のスターたちの写真を飾っています。古すぎて誰一人顔がわかりませんでした(笑)

IMG_5145.jpg

これを見ると、さきほどの銅像は下段の構えのようですね

二天一流(五方の形)
武蔵は、自分の剣法を五輪の書“地の巻”にて二天一流と名付けている。二天一流の二天というのは、武蔵が晩年に泰勝寺の春山和尚から与えられた、「二天道楽」の頭文字の二天からなる。五方の形は、二天一流の基本となる形である


IMG_5146.jpg

地の巻・水の巻・火の巻・風の巻・空の巻の五巻からなる五輪書の要約が書かれています。五輪書は兵法の基礎的な物から人間形成の道まで、修業の課程から得たものを集大成とした実践の書なんだって。五輪書って海外でも人気があるのに内容を全く知りません。これは読まないとダメだなぁ

IMG_5152.jpg

公園の奥には宮本武蔵のお墓がありました。ここに甲冑を着た立ち見の姿で埋まってるんだって。あと武蔵のお墓は泰勝寺跡や西の武蔵塚、さらには北九州や岡山にもあるようです

武蔵塚
寛永17年(1640)肥後藩主細川忠利の招きによって武蔵は熊本に来たが、翌年忠利は逝去し、以来武蔵は寂しく晩年を送り、4年後の正保2年(1645)5月19日に62歳を以って千葉城跡の私宅で亡くなった。そしてその墓は、武蔵の生前の希望によりこの地に定められたという。天下無双の武芸者であった武蔵はまた芸術の面にも優れた天分を持っていた。その枯淡で風韻のある彫刻によって、永年の修業により培われた人格の程が偲ばれる


IMG_5156.jpg

新免武蔵居士石塔
(熊本県:熊本市龍田町弓削字塚ノ本1232 武蔵塚公園)

IMG_5310.jpg

なんども通ってたであろう熊本城

IMG_9560.jpg

さらに場所を移し、熊本市西部に位置する金峰山の岩戸の里公園へ行ってみました。白い像は勝ち運を呼ぶ武蔵像というものらしく、平成15年のNHK大河ドラマ「武蔵MUSASHI)の放送記念として建立したものです

IMG_9558.jpg

座禅蔵の三大祈願は、「勝ち運祈願・合格祈願・ぼけ封じ祈願」。この下に雲巌禅寺(うんがんぜんじ)があるそうなので、公園の駐車場に車を停め歩いて坂を下りました

IMG_5496.jpg

お寺にも駐車場があった。しまったなぁ。急な坂だけど車でも十分いけると思います。雲巌禅寺は曹洞宗のお寺で約700年前につくられたそうです

IMG_5420.jpg

しゃもじ祈願

IMG_5423.jpg

受付横の宝物庫には有名な武蔵肖像画(作者不詳)や枯木鳴鵙図の複製などを飾ってあります

IMG_5428.jpg

巌流島で佐々木小次郎と対決した時の木剣もあったけど、これって本物なの? 調べてみたら、お願い!ランキングの都市伝説を調査のコーナーで偽物ということが判明したらしい。じゃあ、ここには武蔵関連の本物はないってことかい。おい、どこが宝物庫やねん。せめてレプリカって書いといて欲しいなぁ。名誉のために鳥のはく製やお寺物語の原本などは展示してありました

IMG_9480_20120627082432.jpg

そんなに数が多くはないが、五百羅漢もあります

IMG_5481.jpg

五百羅漢は熊本の商人・渕田屋儀平が安永8年(1779年)から24年がかりで奉納したものだけど、風化や1889年の地震の影響で完全なものは約半分。頭のない羅漢像があちこちに点在しています

IMG_9486.jpg

あと、武蔵がいたころには五百羅漢はなかったんだって

IMG_9489.jpg

閻魔堂

IMG_5450.jpg

閻魔様

IMG_9530.jpg

一番奥が雲巌禅寺の奥の院

IMG_5476.jpg

ここが武蔵の旅の最終目的地です。霊巌洞という天然の岩窟で、宮本武蔵はこの洞に籠り、五輪の書を書いたと言われています

IMG_9520.jpg

少し高い場所にあるので階段であがります

IMG_9497.jpg

宮本武蔵は寛永20年、60歳の時にこの霊厳洞に籠り、五輪書を著します。大きな石は船頭石と呼ばれており、きっとこの上で座禅を組んでたんでしょうね。格子戸の中にはさらに格子があり石体四面の馬頭観世音菩薩が祀られています。大切な秘仏らしく、中の様子は全くわかりませんでした

IMG_9515.jpg

洞の上には霊巌洞と彫られた文字が今も風化せずに残ってた

IMG_9510_20120627082457.jpg

60余回の勝負にすべて勝ち、人生の集大成として書いた五輪書ってよく考えればすごいよね。剣の腕前だけでなく精神の鍛練、研究や時の運、これらすべてをあわせ人生に負けなしってかっこいい。そんな武蔵の名言をいくつか羅列してみます。生き方のみならず倫理や哲学、さらには経営学まで通じるものがいくつもあるんだね。ブルース・リーが愛読していたのも納得だなぁ

一、千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす
一、われ事において後悔せず
一、構えあって構えなし
一、我、神仏を尊びて、神仏を頼らず
一、善悪につき他を妬まず
一、神仏を尊み神仏を頼まず
一、空を道とし、道を空とみる
一、万里一空


IMG_9527.jpg

二天一流の由来が書かれてた。誤解されやすいけど、二天一流とは世間で言われる二刀流とは別の物なんだって。二天とは剣術だけでなく学問や芸術などにすぐれた文武両道の事をいうらしい。へー。今も多くの人に愛されてるってことは、それだけ人間的にも魅力があるんだろうなぁ。今回訪問した場所の珍スポット度は限りなくゼロに近いけど、立ったまま埋葬されてるとか新しい発見もありました

[YouTube] KIBS「熊本に生きた宮本武蔵」




熊本に生きた宮本武蔵。すごくわかりやすい動画です

[YouTube] バガボンド 井上雄彦 日進カップヌードルCM 30秒Ver




おまけ。バガボンドの宮本武蔵。「この国には、底力がある。」最高!
(熊本県:熊本市西区松尾町平山589 雲巌禅寺・霊巌洞)



【 関連記事 】
 熊本城にある宮本武蔵の顔ハメ(熊本市)
 宮本武蔵も入浴したことがある武雄温泉(武雄市)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示


より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示
スポンサーサイト



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 
NEXT≫
プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。