おすすめ記事
k-1.pngk-6.pngk-3.pngk-7.png
k-5.pngk-2.pngk-10.pngk-8.png
撤去・閉店情報
fukuoka_e.pngsaga_e.pngnagasaki_e.pngkumamoto_e.pngoita_e.pngmiyazaki_e.pngkagoshima_e.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!


本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 

≫ EDIT

湯前町のおっぱい神社と塞神社

【評価:4びーなす】  世界B級遺産として認定す

IMG_0745.jpg

今日は熊本県の湯前町にある、おっぱい神社とちんちん神社を紹介したいと思います。おっぱい神社の正式名は潮神社(お乳の神様)、そしてちんちん神社の正式名を塞神社(男性の神様)と言います

IMG_0841.jpg

場所はゆのまえ温泉湯楽里の所に架かる吊り橋(湯楽里橋)、その橋を渡った先にあるコテージの横あたりです。看板が少ないからちょっとわかりにくいけど、がんばって探しましょう

IMG_0755.jpg

これはまた、なんとも趣のある神社だなぁ。すごくいい。神社の屋根は昭和30年までは萱葺だったそうです

IMG_0756.jpg

潮神社参拝の皆さまへ
当「潮神社」は宮崎県の鵜戸神宮と同じく鵜草葦不合尊」を祭ってあり、それは産土神、また婦女子の守護神として、子宝を授かりたい方、安産を祈願される方、そして母乳が豊富に出るように望まれる方々に、ありがたくうけ入れられてきました。特に自身の年齢の数の乳型を奉納すると、願いが叶うという言い伝えがあります。参拝ご希望の方は、中に入ってお参りください。なお、参拝が済みましたら、戸締りを確実にお願いします 潮神社


IMG_0760.jpg

拝殿に上がると床を踏みしめた時に鳴るギシギシという音が心地良い

IMG_0761.jpg

祭神は鵜戸神宮と同じ鵜草葦不合尊(鵜草葺不合命)で、和合や安産の神様なんだって。鵜戸神宮もお乳岩やお乳飴が有名だよね。ついでに苓北町のおっぱい岩も加えて、九州おっぱいサミットなんてどうでしょう。子宝・安産祈願だけではなくて、乳がん検診の啓発活動の時に一緒にPRをすれば、もっと神社の認知度が上がると思うんだけどなぁ

潮神社由来記
潮神社は湯前町の東部湯前駅より約三粁潮山の麓にある無各社であるが祭神は日向国鵜戸神宮の祭神鵜草葦不合尊と同体である。創立年月日は詳でないが六百年前の永享年間に再興せられたものと語り伝えられている。潮池は面積三坪にして草莽におおわれ満々と潮水を湛えている。三百五十年前元和年間相良家の祖藤原頼兄なるもの初めて参詣し潮を見て甚だ奇とし浚渫せしめ其後毎年八月頃池を渫えたと云う。社殿の改築は百年毎に相良の家老職がその主管となり施工していたのである。現社殿は昭和三十年萱葺を瓦葺として改築したが大体の骨組は明治初期に建造されたもので釘等を見ても昔の鍛冶屋製でその古さが覗えられるのである。この社殿は古来球磨一円の産土神、婦女子の守護神の鎮座ましますところとして普く知られている。乳の型を自分の年令の数作って参詣すれば霊験あらたかであると謂われている。明治初期のころの改築寄附版に郡内市町村の有名人の名が書かれているのを見て球磨一円に知られた神社であったかが判ると思う。現在に於いても他町村からの参詣者があるのを見てもその由来を知ることができるものである
昭和四十七年十二月謹書


IMG_0766.jpg

神殿の前には丸いおっぱいがたくさん奉納されてます

IMG_0774.jpg

由来記には年齢の数だけ奉納するといいって書いてあるけど、ほとんどの人は二個一組で奉納しているようですね。20才なら20個、30才なら30個、40才なら40個。さすがにそれは大変

IMG_0771.jpg

「おっぱいがたくさん出ますように」・「元気な赤ちゃんが生まれますように」・「安産」・「早く子供が授かりますように」。どのおっぱいにも母の愛を感じます

IMG_0777_20111017040321.jpg

我が子に栄養のある母乳を与えようとする母の想い、いい話だなぁ。妊娠・出産・子育てと女の人はほんとすごいね

IMG_0779_20111017040321.jpg

作って行かなくても大丈夫。奉納おっぱい(500円)は、ゆのまえ温泉湯楽里の売店でも購入できますよ。できれば、おっぱい絵馬も置いてくれるとうれしいな

IMG_0784_20111017040320.jpg

この木はなんでしょうか

IMG_0785.jpg

もしかして、おっぱいの木(乳の木)ですか。おっぱいがいっぱいの、おっぱいおばけだね

IMG_0810_20111017040346.jpg

これが潮池なのかな。山深い場所にありながら、なんでこんな場所に潮水が湧いてたんだろう。不思議です

IMG_0813.jpg

ため池をぐるっとまわると塞神社がありました。2つの神社に参拝すると、夫婦円満・縁結びにご利益があると伝えられてます

IMG_0819.jpg

塞神社は1986年(昭和61年)に町の商工会が建立したそうです。塞神社のすぐ隣には山の神様を祀る大山神もありました

塞神由来
神代の昔、天照大神が天の岩屋戸に隠れられた時女神天宇受売命(アメノウズメ)が胸と陰部と露出して踊ったことは「古事記」にもあらわれており、その命が天孫降臨の際異形の国ツ神猿田毘古神をその性的魅力で懐柔し道案内役を全うしたその出合いは「日本書紀」にも記述されている。猿田彦命と夫婦になり猿女君として以来常に一対の神となった。猿田彦は申(さる)と同音のところから庚神様となりいつしか道祖神として性信仰の対象となった。道祖神と云うのは道の神であることから旅を守る神であり災害を塞きさえぎる神であり、また五穀豊穣を守り子孫繁栄を祈る神であると信じられております。現在では道とは道路だけでなく芸道、武道、学問の道にも通じせまき門を通すことから入学試験の合格を願い婦人病の平癒を願い交通安全を祈り足の病気の一さいに効くと信じられております
昭和六十一年一月吉日 湯前町商工会    説明版より


IMG_0833.jpg

木製男根と原始猿(木の葉猿)。お地蔵様も原始猿と同じポーズをしています

IMG_0856.jpg

とりあえず神社はこのくらいにして、いったん町の中心部に戻ります。今度は庄籠製菓舗という和洋菓子の店に寄りました

IMG_0844.jpg

目的はおっぱいマシュマロを購入するためです

IMG_0849.jpg

ありました。ほんのりゆず風味のおっぱいマシュマロです(315円)。おっぱいマシュマロは軽い食感でめちゃめちゃ甘いです。一緒に購入した城泉寺という焼き菓子も美味しかったですよ

IMG_1192_20111017040359.jpg

ここ数年毎年開催されている湯前潮おっぱい祭り。おっぱい早飲み大会(哺乳瓶に入れた牛乳早飲み競争)などのイベントがあるようです。祭りのときには、おっぱい饅頭やおっぱいおにぎりなんかも販売していたんだって。写真を見る限りまんじゅうは作るの大変そうだけど、おにぎりだったら家でも作れるかな。だって、丸いおにぎりに梅干し(乳首)をのせてるだけだもん(笑)

IMG_0773.jpg

Yes おっぱい。Nice おっぱい。安産・子宝・母乳の出がよくなると言われる潮神社です。おっぱいの神様なんだから、バストアップを望むお姉さま方にもご利益あると思います。楽しいところなので、ぜひ訪問してくださいな
(熊本県:球磨郡湯前町1598 潮ため池公園内 潮(うしお)神社と塞(さい)神社)
(熊本県:球磨郡湯前町1830-1 庄籠製菓舗)



【 関連記事 】
 みんなが笑顔になれる、おっぱい岩(苓北町)
 おっぱいの形をした、ちょっとエッチな豚まん(別府市)
 お乳の神様を祀っている都萬神社(西都市)
 陰石と陽石が一対になった小林市の陰陽石(小林市)
 珍宝とちょいエロ俳句の木花開耶姫神社(雲仙市)
 嬉野観光秘宝館の中にある和合神社(嬉野市)
 とっても美味しそうな、ちんこだんご(薩摩川内市)




より大きな地図で 面白いB級・珍スポット を表示
スポンサーサイト



記事についてのご意見・ご感想は、いつでもWelcome!

同じカテゴリーにある関連記事

本館のカテゴリ
p-マンホールp-顔ハメp-バス停p-bspot.png
p-街路灯p-男根p-神様・仏様p-橋
p-トイレp-道路p-鳥居p-郵便ポスト
p-トンネルp-妖怪・河童p-ミイラp-地獄
p-温泉p-自動販売機p-電話ボックスp-狛犬
 
NEXT≫
プロフィール

おにぎり太郎

Author:おにぎり太郎
ブログ 九州大図鑑へようこそ


n-manual.gif

カテゴリ
クスッと笑える記事
県別珍スポット情報
検索フォーム
カウンター
コメントありがとう
リンク

FA
PR2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アイコン
      
About This Site  
大分県在住のおにぎり太郎が、九州を中心としたB級ネタや珍スポットに関する情報を、だらだらと紹介しているブログです
ニッチでマニアックな事しか書いてませんが、楽しみながら読んでくれたらうれしいな
ご質問・ご感想等ある方は、コメントもしくはメールへどうぞ。

Contact

お名前 (必須) :
メールアドレス(必須) :
件名(必須):
メッセージ :

閉じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。